建設的な意見のみ反映される掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


881件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。


[875] アテンザのタクシー

投稿者: サンバー愛好者 投稿日:2018年11月 8日(木)15時17分53秒   通報   返信・引用

オヤお客さん車好きかい?ディーゼルのマニュアルに気づくたぁアンタも相当アレだね!通だね!!
えっ?使い心地はどうだって?随分変なこと聞くなぁ。
いいよ!まぁエンジンはちとハズレ掴まされちまったが、まぁ大体気に入ってるね。

もう運転手さん含めての商品ですね。

個タクは結構車選びにも個性がありますね。
いくつか条件はあるみたいですが、概ね4ドア車だったらタクシーにできるみたいです。
それでも初代GSをタクシーにしようとしたら、後ろドア乗降口の寸法が足りなくて不可というのは聞いたことがありますが。
セルシオやLSのタクシーも数は少ないけれどそこそこ見かけていましたが、今度のLSだと後席狭そうですよね。
昔タクシー関係の人たちと話していた無駄話を思い出します。
その会社のタクシーは全車クラウンでセドリックはなし、当時の全国のシェアでも8割以上がクラウンだそうで。
タクシーとして買うとセドリックの方が片手十万条件がいいそうです。それでもクラウンの圧勝なのは何故か。
圧倒的に耐久性が違うんだそうです。
車両交換の目安はセドリックが15万㎞、対するクラウンは45万㎞。
当時のクラウンはフレーム車、セドリックはモノコック車。なるほど。
プロユースの話をたまに聞くとちょっと違った目線の話が聞けて面白かったです。




[874] ガソリン高。。。

投稿者: ハリアー髙橋 投稿日:2018年11月 7日(水)08時49分4秒   通報   返信・引用

何年ぶりの投稿でございます。
原油高、ガソリン高騰ですが、業界におりますと、一番の要因は
元売り各社の減少です。エネオス系が全体の約50%のシェアを握り
プライスリーダーとなってからは、価格競争がおきにくい状況となっております。
これは我々業界からいうと非常に好ましいです。

一方でお客様にとってはどうなんだろうとも思います。

レギュラーガソリンが150円~160円になった今も「高い」といった声は
以前より聞かなくなりました。
お客様にも免疫がついたのでしょうか?



[873] 時速280キロ

投稿者: サンバー愛好者 投稿日:2018年11月 6日(火)23時16分27秒   通報   返信・引用

日本の公道で出す速度じゃないですね。
でも国内でもサーキットや高速周回路なら問題にならない訳で。(そこでも事故にならない為の遵法意識は当然求められますが)
結構なスピードを恐らく捕まった本人は自慢したかったのでしょうが、仮にインディ500マイルレースだったら予選落ちの速度でした。(ボーダーラインで4周平均360キロくらい)
アクセルを床まで踏むクソ根性があるのなら、せめて海を渡ってストックカーレースに出るとか、有効にエネルギーを使えば良かったのにと思います。(そんなに簡単なレースじゃないですが)
あとはE-SPORTSとしてオンボードゲームのレースもあります。世界大会もあるようですし、実際にレーサーになった人もいるとか。

そんな世界では時速300キロ出しても当たり前の人たちが集まっていますから、きっと気が合いますよ。

何故これがニュースになるのかといえば。
自分や他人の命をベット(掛け金に)して、法も安全もさらさら守る意思が見えない危険運転行為だからなんですよ。

地上を走るという意味だったら新幹線なら容易に達する速度ですし、1000人単位の人を乗せて安全に移動できます。
これが3分間隔で走っているというのだから、もうなんというか。
開通予定がいつになるか判りませんが、リニアモーターカーなら時速500キロです。
空を飛んでいいなら旅客機が時速900キロ以上でしょうか。
色々危険なことをして必死こいて出した時速280キロは、案外他の乗り物ではあっさり安全に実現できるものです。

蛇足ですが、オンボード映像を見る限りですと、足回りの動きが不穏な気がしていました。
ホイールが安物でバランスが悪いのか、タイヤの空気圧が不適正なのかは判りませんが、アウトバーンでのGT-R映像ではこんなにダッシュボードが揺れません。
逮捕された運転手は命拾いしましたよ。



[872] ホンダ・インサイトの件

投稿者: ぱんだねこ 投稿日:2018年11月 6日(火)23時07分35秒   通報   返信・引用

連投失礼しますです。
ホンダ・インサイトが報道機関向けに先週発表されました。先週末にはディーラーで見積もりが取れるようになり、本体のみのスターティングプライスは329万円(伝聞)となっているようです。
インサイトは今回でC~ほぼDセグとなり、carviewでもインサイト・レガシイ・カムリ・ティアナで特集が組まれています。国沢先生のページでも取り上げられるかなと思いましたが、出てこないので見解が待ちきれず、こうして掲示板に書いてしまいました。
実は、いまLKASが付いているHEVのインサイトを買おうか、MC後にLKASがついてからプリウスPHVを買うべきか迷っています。たぶん価格的にガチになると思います。プリPHVもテスラ・ナビ(笑)をつけなければ320万円からですから。勤め先は車部品製造なのでイン○イトのほうが有利な扱いをうけますが(というよりトヨタ車が差別されているというべきか)、人生初のPHVにもそそられます・・・。(クラリティPHEVといきたいところですが、あまりの高価格によって夢破れてカタログのみ状態・・・)
本当は、昔からいつかはホンダ車に戻りたいと思っておりました。一番車に興味があった頃、2代目アコードを実家で長く乗っていて愛着があったからです。しかし当時プレミオクラスだったアコードは、だいぶ高価になりおいそれとは買えなくなってしまいました。また、学生のとき電気系を専攻していたため、趨勢の30~51プリウスEに続けて乗っております。
インサイトの名の由来から、その時々のホンダの使命を持った車として存在することは理解しているつもりでしたが、コンセプトががらりと変わり、今 フィット兄弟からカムリと比べられるようになったものの、どうにも腑に落ちず足踏みしております。
前述のとおりインサイトの名の由来を知ればこの処置も理解できますが、一方でトヨタがポルテやシエンタをFMCを機にいきなり「ヴェルファイアのクラスにございます」とちゃぶ台返しのようなことはまずしないわけですし、そしたらきっと車に興味がない人でもお口が「あんぐり」となってしまうと思います。
が、現実にそんな状態にあるのが日本のホンダ車のヒエラルキーです。正直新型インサイトとそれに対する処置について率直な意見をあちこちから聞いてみたいです(やっぱり、あんぐりなのか)
本当は現在の所有車に価値が残っている今のうちに替えたい所ですが、プリPHVのセーフティセンスがアップグレードされるのを待ってから決断しようと思います。それはそれで、インサイトを選ぶと納期がかかってディーラーにも忘れられ、本人の気も変わってしまう心配もあるんですけど。(それでいいんですかね?正直なところ、インサイトとプリウスPHVを迷う人もありえないはわかっているんですけど。)



[871] Re:なぜ280km/hも出るクルマを売るのか?

投稿者: ぱんだねこ 投稿日:2018年11月 6日(火)21時28分52秒   通報   返信・引用

正直な話、お金を払って自分の労力で運転していくのだから、なるべく早く走って移動を「済ませたい」と考える人はいますが、そんなに法外なスピードを出す人は異常ですね。
周囲の法令尊守のオバちゃんは「何でリミッターだって180km/hなんだろうね、はやりのAIとかインターネットで何とかならないのかね!」といいます。そのたびに車好きの私は言い訳を迫られ、大体「激しい風雨に打ち勝って坂道発進できるように、かつスピードを出したときに静かに走らせられるようにするにはどうしてもそのくらいの力の調整は必要で、それしだいでスピードは出てしまう、しかし人間はスピードに対して危ないと感じるし事故を防ごうと思うので、調整を人間に任せている部分があるから」と答えるようにしています。ただ、もし今から自動車が普及するということであったならば、IoTやV2Vを利用して人間によらずとも円滑な流れをするように作られただろうしスピードも道路にあわせた法令どおりに制御されるように作られただろうとも言っています。車の形も、モーターショーのコンセプトカーのようなものが極当たり前になって、セダンやミニバンなんて形ではなくもっと自由に進化していくのではないかなと思っています。




[870] Re:ガソリン高騰ながら・・・

投稿者: Motors 投稿日:2018年11月 6日(火)14時41分44秒   通報   返信・引用

>シェールガス、液化するとガソリンのような燃料になります。

「シェールガス」の主成分はメタンであり、従来の「天然ガス」と同じです。
国沢さんが言っているのは、シェールガスと同時に採掘される「シェールオイル」のことですよね!?



[869] ピッチングの大きい車のLEDヘッドライト

投稿者: 北国のさささ 投稿日:2018年11月 6日(火)07時48分48秒   通報   返信・引用

サンバーの納車、おめでとうございます。
サンバーのヘッドライトなどがLEDとのことで、普段気になっていることを投稿させていただきます。

LEDヘッドライトを装備した軽自動車などのピッチングが大きい車が後続車となった場合に、パッシングされているように眩しく感じます。
信号待ち後の再発進など、加速する度に眩しいです。

私の車はルームミラーとサイドミラーが防眩仕様ですが、ハイビームにされているのと変わらない感じです。

何とかならないものでしょうか。



[868] 新城ラリーはラリージャパン(仮)になれるのか

投稿者: サンバー愛好者 投稿日:2018年11月 6日(火)00時52分18秒   通報   返信・引用

来年WRC来ないと聞いた時は本当にがっかりしました。
このガッカリ感を誰かと共有したいところですが、周囲に理解者がいません。(苦笑)
逆に言えばラリーファンはまだまだ少ないということです、残念ながら。
だからこそというか、ラリージャパン(仮)に違和感があります。

新城ラリーって元々は町おこしだったはずです。
市長や市役所が旗を振って、近隣住民や岐阜の実績ある主催団体に協力を求め(会長はWRC2で大活躍中の勝田選手のおじい様だそうです)、トヨタの全面協力&手弁当があり、段々と今の形になっていったのです。
それまでの国内ラリーはほとんど競技者向けの内輪向きな性格のイベントだったのが
「踊る阿呆に見る阿呆」を本格的に導入した参加型の「祭り」…外向けイベントとしてのラリーだったはず。
それなのに発信が少なすぎるのです。
ラリー雑誌のWEBページにすら記事が上がらないくらい。これは異常事態だと夏くらいに気づきました。
利権確保にどこかが走ったか、申請した時点で役目が終わったとシャンシャンしたか。
ここからは推測ですが、恐らく申請した予想動員数や経済効果、必要なインフラその他の見通しが甘い且つ貧弱な数字だったんじゃなかったでしょうか。
FIAの首脳陣が期待した数字をかなり下回って「え?日本で開催してこんなものなの?」みたいな感想が出たんじゃないかと。
チリで開催した方が動員数も経済効果も高いじゃん、とか。
考えたくないですが、あまりラリーに関心がない場所にWRCが出向いて行ってファンを育てて行くというのを、どこまで実行する気があるのか未知数な部分です。
何せ自分の周囲ですらラリーファンが見当たらないのですから。

ラリージャパンを開催するのには、日本人がもっとラリーが好きになる方策を進めるべきと考えます。



[866] Re:サンバー納車になりました~

投稿者: ぱんだねこ 投稿日:2018年11月 5日(月)23時05分28秒   通報   返信・引用

納車おめでとうございます。
軽トラも安全もフル装備で買える時代になったのですね。時折ホームセンターで借りる軽トラがエアコンしか付いていなくて、レスオプションによる穴ぼこだらけで、何だか特殊車両みたいだなと思いましたが、グランド~はまったく乗用車のようです。しかし、センターコンソールは確かに無くてもいいかもしれませんね。
軽トラや軽1BOXは、つくりが頑丈なためアルトやミラのようなバン・セダンタイプより高価だとは聞いていました。しかし、117万円で安全フル装備とはさすがコストダウンの賜物だと思います。
一方、見えるところだけ?ゴデゴテに飾っている軽ミニバンが全込みでフィットよりも高いのは異常です。
利益率が低いというのは本当かなと思ってしまいます。ホンダセンシングでACCの付いているN-BOXなんて褒めまくられていますが、それは後付できるギミックに驚かされているだけで、見せない肝心なところをぺろりとめくってみるとやっぱりペナペナで、徳大寺先生が言っていた「軽自動車は奇形だ」というのはこのことかと思わされたところでした。
質素な軽ミニバンも117万円で売っているといいのですが。。。



[865] 元トラックドライバーとしての意見

投稿者: でえたらぼっち 投稿日:2018年11月 4日(日)22時15分12秒   通報   返信・引用

反抗する訳では無いのですが、愛知県で高速道路をメインに配送しているトラックドライバーの多くはトヨタ系の部品を運んでいるドライバーが多いと思います。
私も以前、愛知県から京都までの中距離を高速道路を利用して運んでいました。

トヨタ系の運送会社はスピード、急ブレーキ、アイドリングに非常に厳しく1キロ速度オーバーするだけで注意を受けています。夏の暑い中で車内で休憩もエンジンをかけてエアコンを付けるのも許してもらえない時があります。
仕事だからと言われてはそれまでですが、大変な仕事だと思います。
私は以前こんな事がありました。
会社から高速道路は最高速80キロ、一般道では60キロ厳守と言う規則がありました。トヨタ系は大型、中型ともこの規則があります。
私はある日、愛知県から京都に向けて高速道路を80キロで走っていました。
まだ朝早い時間帯の為、車も少なく80キロキープで走行車線を走っていました。
そんな感じで順調に走行している時、前車にやたら遅く走行している小型トラックが走行車線を見かけました。60キロぐらいだと思います。
私はその小型トラックを追い越す為、追い越し車線に出て追い越しをしました。
そして走行車線に戻り順調に走行していたのですが、しばらくすると追い越したはずの小型トラックが私を追い越しをしました。
その時は特に何も感じなかったのですが、その小型トラックはまた私の前に入りなんと速度を落とし始めたのです。
“嫌がらせか?”と初めて理解しました。私のトラックが80キロしかスピードを出しちゃいけない事を知っていたのでしょう。
再度、私が80キロで追い越しを掛けようとすると、今度は小型トラックもスピードを出し始め私と並走するではありませんか!
そうなるといつまでたっても走行車線に戻る事が出来ず、後ろから早い車が近づいてくるので、私の出来る事はスピードを落としてその小型トラックの後ろに入るしかありません。仕方なくスピードを落とすと今度は小型トラックもスピードを落としてくるのです。そうなるとどうしようもありません。
追い越し車線を80キロ以下で走行しているため、後ろから煽られ少しパニック状態になりました。
どうしよう…と考えました。そしたら運が良く走行車線を75キロぐらいで走行している同じ系列の大型トラックがいました。
このまましばらく追い越し車線を80キロで走行すれば、走行車線を走っている大型トラックに追いつく…そうすれば並走している小型トラックも75キロまでスピードを落とさずには要られません。
後続車には煽られまくりましたが、我慢して75キロで走行車線を走行している大型トラックを追い越しなんとか走行車線に戻りました。
そしたら今度は小型トラックは追い越し車線に出てまた私の前に入ろうとしているではありませんか!
どうしよう…このままではトラブルに巻き込まれる…と思ったら運良くサービスエリアがあり、そこに入り逃げる事が出来ました。
それ以外、高速道路を走るのが怖くなってしまい、運送会社を辞めてしまいました。今でもそういうトラック同士での嫌がらせはあると思います。
なので、私は自家用車で高速道路を走る時は追い越し車線でトラックがトラックを追い越ししている時は煽らずしばらく様子を見ます。
親切なトラックドライバーは“ごめんね!”と言うかのようにハザードランプを出してくれます。
なので追い越し車線をトラックが走っている時は少し状況を確認してからどうするか判断すれば良いと思います。
自家用車はいざとなれば180キロまで出す事が出来るのですから…
以上で私の体験談を終わります。
これを書いている時もあの日の事を思い出してドキドキしています。(⌒-⌒; )



[864] マツダはディーゼルをやめるべき?

投稿者: サンバー愛好者 投稿日:2018年11月 2日(金)18時29分51秒   通報   返信・引用

私は基本的に人が持論を展開するのは興味を持って聴くように心がけています。
自分と同意見ではなくとも、どういう立場でどういう背景でどういう信念を持って意見を述べているのか好奇心が尽きません。
でももやもやとした読後感があるこの記事は、やはりツッコミどころ満載で質問したくもなります。
これが社会にまだ出ていない学生の経済学レポートだったら別にいいのですが。
精々学生と担当教員、あるいは講義を聴きに来た聴講生くらいのやり取りでしょうから。
ビジネス誌に経営コンサルタントとして寄せたプロが書いた記事、しかも本にまでして販売されているのでしたら、ちょっとお粗末な気がしますね。

1.ディーゼルエンジン(以下DE)をやめた後のビジネス展望がない。

頭の中の経済モデルではなく、実在の法人は霞を食べて生きる仙人ではありません。
DEを諦めさせるなら最低限でもDE以上のマツダのストロングポイントを提案してこそ経営コンサルタントなんじゃないでしょうか?
もうすぐ旧型になるアクセラがトヨタ製のTHS-Ⅱを一部積んでいますが、DE除いたら純ガソリン車しかマツダは売ってないことになります。
ロータリーもやめてしまいました。(精神的にはまだやめていないとのことですが)
まさか一言も触れていないスカイアクティブXが文章の行間に提案されているとか?

2.数値的根拠が曖昧かつ歪んでいる

経済モデルのセオリーがいくつか例示されていますが、実在の経済行動とは必ずしもシンクロしないのは我々は実体験として知っています。
もう長いこと日本は低金利もしくはマイナス金利政策を中央銀行が実行していますが、日本人が預貯金を全て引き出して給料全てを経済活動に使っているようにはとても見えません。
理論的にはバブル崩壊から4、5回くらい小バブル程度の景気向上があっておかしくない筈です。
アメリカでDEがあまり受け入れられないのは軽油価格がしばしばガソリン価格を上回る時期があることに全く触れていない。
マツダがヨーロッパ市場に掛ける軸足具合も残念ながら触れられていません。
描く経済モデルが、ファクターが少なすぎてリアリティに欠けているように思えます。

3.執念とか魂ってどう反映させるべきなのか
エンジン開発のドン、人見さんは以前何かの経済番組で見かけたことがあります。
地味な印象の、口数の少ない黒縁眼鏡の人。
会議ではネガを出し切り、鋭いツッコミが。でも一方で決して諦めるなとも。
そこでまだ名称も発表されていないガソリン自己着火エンジンの存在を知りました。
この時点で実用化の目処は立っていたのでしょうが、量産発売は数年たったもう少し未来まで掛かった訳です。
これ使っている燃料はガソリンだけど、エンジン構造自体はDEに相当近いんじゃないですかね?
DE開発の途中で思いついたというより、DEを極めたからこそ道が開けたと思うのですが。
今のマツダ車のデザインムーブメントは「魂動」というのは周知されていますが、鼓動ではない訳です。
こういう執念だとか魂を揺さぶるデザインでありたいとかの人間の欲求は、経済モデルではどう表現すればいいのでしょうね?

「トヨタはスズキを見習った方がいい」については…もう少しがんばりましょうのハンコ押したいところです。
確かにトヨタの最近のデザインは虫かデーモン閣下かというくらいアララとは個人的に思います。
ジムニーのデザインは機能的で非常に優れているとは思いますが、「機能的」だから優れているのです。
トヨタは世界で5番目くらいが好位置とか、もう何をどう突っ込んだらいいのやら。
どこかの民主党議員(当時)が「2位じゃダメなんですか?」と発言したの思い出してしまいました。
筆者がよっぽどトヨタで嫌な思いをしたんだろうなぁと勘ぐってしまいました。
最初から銀メダルを目指して頑張るオリンピック選手って聞いたことないけど、そういう不自然さを感じます。

ひとつだけはっきりしたこと。
この記事書く人には経営コンサルティングを依頼しないだろうなぁということです。



[863] 続・スバル 品質

投稿者: Ken 投稿日:2018年11月 2日(金)10時30分35秒   通報   返信・引用

”スバルのエンジン問題多し” です。米国では最近、信頼度急降下中です(ホンダのトランスミッションほどではありませんが)。

こちらは集団訴訟を起こされ敗訴した事例。オイル消費が多いことに対して、当初はノーマルと答えていたものの、ピストンリングの不具合を認めました。
https://jalopnik.com/subaru-settles-lawsuit-over-oil-burning-cars-1752805682

こちらはWRXのエンジン。
https://www.leftlanenews.com/subaru-settles-wrx-sti-engine-failure-lawsuit.html



[862] スバルのリコール対応

投稿者: スバル愛用者です 投稿日:2018年11月 2日(金)08時39分33秒   通報   返信・引用

BRZのリコール、身内に該当の年式がいますので注意深く気にしていました。
国沢さんが記載されている下記の件、今回は親切にしてくれると良いですが、ちょっと不安を感じます。

> 有償でいいから(当然ながら部品代だけの負担)こういったパーツの交換メニューを用意しておいて頂きたいもの。
> ベルトについては交換後のトラブルを考え黙っていても新品交換すると思います。

私自身はGVF型のWRX(先代の5AT)に乗っていますが、ウォーターポンプのリコールが発生しています。
もう9万キロ目前という事もあって、メンテついでにラッキーと思っていたのですが、タイベル周りのついで交換とかメニュー化されておらず、こちらが依頼しての見積もり作成でした。

また、タイベルやエアコン系の全ベルトはリコール対象ではないので、交換はリコール内で工賃無料にするが、基本は再利用。
交換する場合は実費でお願いしていますとのことでしたので、サービスにはならない雰囲気が経験上はありますね。

まあ、タイベル交換なので工賃が浮くだけでも非常に嬉しいネタではありますけどね。
ただ、以前のレスの通りで買い替え計画も検討中な為、現車継続となるまではリコール対応は放ったらかしにさせてもらっています。



[861] 昨今のジャーナリスト、、

投稿者: アミーゴ5号 投稿日:2018年11月 1日(木)18時59分11秒   通報   返信・引用

国沢さんのディーゼル記事を読んだあとに
何とかジャーナルの記事を読もうとしたのですが、
だめ、あまりにもかったるくて
最初の方で読むのをあきらめました。

中身は、自分勝手な結論を正当化するために、
あれこれデータを持ってきてるだけ。
この手のマスコミのコンテンツ、
テキストもテレビでもホントに多くなりました。

読み手が知りたいのは、真実であって、
まことしやかな憶測ではありません。

この手の輩が、
最初に無責任によいしょするんですよ。
例えば、テスラのような事例を!

国沢さんの記事、眼から鱗が落ちました。
ディーゼル、まだまだ健在なのですね!

頑張れ、マツダ!!!



[860] 自動車騒音規制

投稿者: サンバー愛好者 投稿日:2018年11月 1日(木)01時27分43秒   通報   返信・引用

暴走族のことを最近は珍走団というらしいですね。
ああいうの追い込む為の騒音規制かと思ったら、結構一般車両の話なので驚いてしまいます。
むかしむかし規制音量ギリギリのチャンバーその他で改造したNSR250RSPを混合給油で乗っていた身としては、71dbだったらエンジン掛けることもできなかっただろうなと思ってしまいます。
もうあんな無茶、身体だけじゃなく社会が許してくれないのね。

まぁ冗談はこれくらいにしておいて。

こうじゃなきゃならない社会って肩身が狭くて生き辛いですね。
大概のノーマル車両が「騒音車」としてやがて車検が通らなくなる時代がすぐそこまで来ているのでしょうか。
ジムニーにオープンカントリー履かせた車両もダメなんでしょうね。
マッテレぽいタイヤパターンの走行ノイズは最近頑張ってるみたいですが、オンロードタイヤでギリギリアウトならもう全然ダメな部類でしょう。
四角い車も風切り音でデザイン的にダメかもしれませんね。
大型トラックやバスもアメリカのセミトラックみたいなスタイルになるんでしょうか。
ハイエースもキャラバンもコースターも「あかんやつ」になってしまいそうです。
それでまぁ街中走る車全部が静かになって、耳の遠くなったおじいさんおばあさんだけじゃなく、両耳をヘッドフォンで塞いだ上にスマホ画面に夢中の歩行者(違法ですが自転車乗りも未だにいます)が益々気づかない。
それじゃというんで「ミャーミャー」鳴く例の疑似エンジン音?を出すようになる。
その「ミャーミャー」音が今度騒音問題になる…うーん。

これ、誰が幸せになるのでしょう?

効率面から考えてもエンジンのエネルギー効率は、トヨタ発表で48%・今の目標50%らしいです。
これを限りなく100%に近づけて行くには摩擦や冷却のロスに加え音エネルギーもエネルギー回収に回さないといけないのかもしれません。今は音エネルギーはぶつけあったり吸収したりして解放(捨てているともいう)しているだけですが。
だから一概に間違った方向ともいえない面もあるのが厄介なところです。

でも正直なところ今のF1の音は全然魅力ないです。泣き叫ぶようなフェラーリV12や澄み切ったホンダV10なんて、音聴いただけで首筋がゾクゾクしたものですが。
フォーミュラEも同様です。
EV実験室として大事なのはわかっているんです、わかっているのですが。
WRカーも爆音ですが、あれがEVになってしまったらクールかもしれませんが、自分の興味もクールダウンしそうです。



[859] 二つのカーオブザイヤー

投稿者: ごまめ28号 投稿日:2018年10月31日(水)21時14分0秒   通報   返信・引用

調べてみたら日本カーオブザイヤー48年間でスズキはたった1回だけ賞をもらってますね、ダイハツは3回だった。対するRJCカーオブザイヤーは28年間でスズキ8回、ダイハツは2回なんですね。

売れてる車の台数見れば消費者の支持は十分得ているわけで、報道関係者と消費者の意識には大きな隔たりがありスズキは報道映えする車を作る気は無いのでしょう。
2012年はどちらの組織もリーフがカーオブザイヤーのようで、下取りでゴミ扱いされた購入者には裏切られた気分の人も多いでしょうね。



[858] アジアの同胞

投稿者: ごまめ28号 投稿日:2018年10月31日(水)10時56分53秒   通報   返信・引用

スバルのタペットスプリング破損は「共振」によるものでは?なんて妄想してました。だとすると意外な解決方法が見いだせる可能性がありますね。スプリング設計上の強度不足やスプリング製造時の材質に問題があるなど日本では到底考えられないからです。

ベトナムでの韓国軍の暴挙は酷いものですが、中共軍が火事場泥棒をやり損ねた中越戦争も忘れられないですね。同じ敵である米軍と戦っている共産圏の国へ攻め込んだわけですから節操もなにもあったもんじゃありません。一億弱の人口のあるベトナムは貧しいですが気質として生真面目だと思います。私の知る範囲でもベトナムの縫製品は中国のそれに比べミシンが遥かに丁寧です。頑張れベトナム!生きている間に行ってみたいです。

韓国に話を戻せば戦後米軍支配下での占領政策は日本への傍若無人など問題にならない過酷なものだったようで、同情すべき点日本が至らなかった点はあります。(米軍日本では病院を襲って強姦とか人殺しとか下山事件とかデタラメ東京裁判とかやり放題でした)それでもベトナム人は韓国軍の暴挙をあげつらうような事は無く同じく日本に併合されていた台湾も思えば韓国には際立つものがあります。その原因を日本に対するコンプレックスだと思っています。韓国に対しては一度国交断絶し一から仕切り直す必要があるかと思っています。(トランプさんのやりかたですね)仰るように一人一人は悪くないし韓国からの旅行者も大変多い、私も在日韓国人の友人があります。仲よくしたいものですし仲よくすべきです。(中国とも同様ですが彼等には「十分な備え」が不可欠でそれが彼らに対する礼儀で甘く見るのは失礼です)

レクサスって興味が全然ないのですが(金もない)、周囲には「ガイシャ」に乗りたくても取引先のシャチョーより格上の車に乗れない可哀そうなシャチョさんがありさりとて安物の車ではなめられる、なんて人が乗ってます。値段が高くないとダメなんですね。空気読めるからシャチョさんやってられるわけで。



[857] 結局高く付いてしますのだろうけど、、

投稿者: アミーゴ5号 投稿日:2018年10月29日(月)18時24分32秒   通報   返信・引用

新興国のクルマ、
きっと衝突安全や電子装備、燃費や走りの性能等で、
日本基準を下回るのでしょう。

日本基準を満たそうとすると、
結局あれやこれやで高く付くとか、
重くなって燃費や走りで悪くなるとかで、
導入できないのだと、勝手に想像しています。

でも閉塞感だらけの日本市場で突破口を開くには、
思い切った策が必要。

多少重くて燃費も悪いけど、
安くて使い出があってカッコ良いクルマ、、、
そういう新車、今の日本に見当たらない。

そういうクルマは、
一昔前の中古車しかないですもん。



[856] ディーラーマンに思うこと

投稿者: サンバー愛好者 投稿日:2018年10月29日(月)17時01分10秒   通報   返信・引用

今回友人のことながら自動車購入に当たって色々経験値を積むことになりました。
現在のディーラーが随分様子が違うということは仲のいいディーラーマンからそれとなく聞いていましたが、ちょっと物申したくなることがかなり出てきました。
因みに友人の自動車買い替えは遠隔地の為、うちのセールスマンへの紹介は遠慮しました。

こちら側にも優柔不断な面があったり、あらかじめ車種とグレードを決めて挑んだはずなのに、後から「アレが付いてなかったから違うグレードで」なんてこともありました。
初動対応というか何せ車を買うのが18年ぶりの人間相手ですので、こちら側に不手際がなかった訳ではありません。

そこを踏まえても。

条件まで話し合ったお客に対してほぼ放流(リリース)するディーラーって一体。
買う側と売る側が20万くらい離れているならそれも判りますが、数万の条件差であっさり諦めて、翌週の連絡すらないって。
諦めるのは他で車買った時じゃないかと。
「来月半ばにキャンペーンがありますので、その時でしたらいい条件も出しやすいかと」
毎日こちらは動いてるのに1か月待つ可能性って、どういう平和ボケなんやろ。

格安車は修復歴もない、数千キロ走行で新車の150万落ちという「まず現車確認とタマ確保」で連絡したもの。
結局値付け間違いだったが、価格再決定は1,2日の内と言っていたのに週を越えた。
ここも新車ディーラー併設の中古車正規ディーラー。
その数日で結局他の車に決めちゃった訳で。
時間が掛かっているなら時間が掛かっていますと言えば、待つ側の不安感も変わったと思う。

登録手数料二重取り疑いは某大手買取り販売チェーンです。
本体価格は安めに出してあって、諸費用部分は要連絡。見積り送ってもらったらアラビックリ。
よく見ない人はこのまま取られてしまうのかも。
同じチェーン店の他の店で同じような車を見積もってもらったらやはり追い銭が15万くらい違う。
同じ中古車が2台とないのは分かっていますが、同じような本体価格で同じ車種だと、もう何を信用してよいのやら。

他の中古車販売店(某大手中古車販売チェーン)ではワランティの保証料が1年で100万以上というメールが。
月8万以上?ローンで支払ったら車本体より高い?誰も入らないんじゃない?
2年と3年も同時に見積もってもらっていましたが、それぞれやはり200万、300万以上。
返信に「間違ってない?正確な数字教えて」と打ったら返事なし。ありゃりゃ。

下取り査定も廃車前提ですので、気を使わなかった部分もあるかもしれませんが。
グローブボックス開けっぱなしの車検証助手席に放りっぱなしはないでしょう。
オイルが漏れなくて部品さえ手に入ったら現役続行だったし、まだ全体に小綺麗なんでっせ。
ガスケット1枚出てこないってだけで。
査定士の眼から見たらスクラップでも、友人から見たら愛車っていうギャップですよね。

全部違うディーラーや販売店です。
軍師と買う本人は最終的にツボが違う部分もあるのでフラフラし過ぎですが、「いくら何でもドラマチック過ぎる」と思うこの数週間でした。
結局今週末に試乗目的で行った近所のボルボディーラーでポンと買ったというね。
「あの産みの苦しみは何だったのか!」と正座させて3時間くらい問い詰めてみたいです。(笑)
そろそろあんこう鍋が美味しくなる季節なのでドライブがてら奢ってもらおうかな。



[855] 友人の自動車購入

投稿者: サンバー愛好者 投稿日:2018年10月28日(日)17時13分30秒   通報   返信・引用

高校時代からの長い付き合いの友人が先日電話してきました。
曰く、中古で手に入れてから18年経ったいすゞのビッグホーン(!)が天寿を全うされたとのこと。
それで急遽次の愛車を選定するのに相談したいという話でした。

いつの時も車を買う相談の話をされるとワクワクしてしまいます。

WEBページや動画を送りたいし、電話代も嵩むので相手にスカイプを導入させ、2週間くらい軍師として暗躍しておりました。
マツダCX-5やスバルフォレスターとXV、トヨタCH-Rにホンダヴェゼルと、登録済み未使用車まで含めると無限に思える組み合わせに付き合いましたが、どうやら今日ボルボV40のD4で決着した模様です。

やっぱり車を買うって自動販売とはいきませんね。

車を気に入っても条件交渉でタイミングが合わないとか、格安車見つけたら値付け間違っていたりとか。
中古車まで手を広げて保証(ワランティ)や登録代行費用まで入れた見積り出して貰ったら、未だにあるのかという二重取りが疑われるケースやら桁間違えてる疑いの保証料があったり。(ちなみに年間100万円以上だったりします)
下取りの査定依頼したら車検証が助手席に出しっぱなしとか本当に車買うだけなのになんとドラマチックだったことか。
何台か分のエピソードを友人と体験しましたよ。

今回の車購入にあたって国沢さんの試乗記事や購入のポイントが非常に役立ちました。
ちょうどCX-5とXVやフォレスターの記事が出たタイミングが神がかりだったり、V40のD4の過去記事が結局決め手に繋がったり。
ありがとうございました。


レンタル掲示板
881件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.