建設的な意見のみ反映される掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


1300件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。


[1331] プリウス、アクセルとブレーキの踏み間違いをしやすい?

投稿者: タロー 投稿日:2019年 4月29日(月)10時57分34秒   通報   返信・引用

右ハンドル車とくに前輪駆動や軽だと右前輪のホイールの出っ張りでペダルレイアウトが不自然になります。
右ハンドルを禁止して標準左ハンドルに移行したほうがいいのでは。
そのメリットは
・輸出用と国内向けを分けて生産する手間が不要になる
・駐車場のチケット発券機が左側だけですむ
・助手席以外は路肩から乗り降りしやすくなる
欠点は右側前方の視界が確保しずらいことですがカメラで解決できると思います。




[1330] Re: 日産vsゴーン クルマ好きには悲しすぎる内容でした

投稿者: アミーゴ5号 投稿日:2019年 4月29日(月)08時48分50秒   通報   返信・引用

書籍に関心を持って頂けて、何よりです。

この本は「歴史は繰り返す」という企業体質も
大きなテーマでした。

企業体質といえば、
トヨタのモリゾウ社長が展開している
ネットニュースのトヨタイムズ、
あれは明らかにトヨタグループ社内への
メッセージだと感じでいます。

日産とはあまりにも対照的で、
クルマ好き的にはホントにいろいろと考えさせられます。

> 「日産 VS. ゴーン」
> ちょっと興味がわいたので読みました。
>
> 川又さんとか塩路さんといった歴史の中の出来事を
> 登場人物を変えて現在進行形の形で見せてもらいました、
> ということを再認識させてくれる解説書という感じでした。
>
>
>
> > 「日産vsゴーン 支配と暗闘の20年」を読みました。
> >
> > クルマ好きとしては超辛口な内容で、
> > ゴンゴンの日本上陸から日産の臨時株主総会の直前迄を
> > 克明に解説。
> > ゴンゴンの変節があまりにも悲しすぎる、、、
> > そんな印象を強く受けました。
> >
> > また最後の章で中国がEV戦略でひた走る理由や
> > トヨタがハイブリッド技術を公開した訳も
> > よく理解できましたヨ。
> >
> > でもね、業界全体がなんだかなぁ、というか、
> > 最近のクルマにパッションを感じなくなってきたのも
> > 何気にわかってきました。
> >
> > クルマのスマホ化が、
> > ナイトライダーのキットみたいなら大歓迎なんだけど、
> > 現実は安全で便利な反面、つまらなそう。
> > GWはDVDを手にいれて、見てみたいと思います。



[1329] RAMAは、誰がネゴったのかしら?

投稿者: アミーゴ5号 投稿日:2019年 4月29日(月)06時47分16秒   通報   返信・引用

おフランスのルノーが、
いよいよ本領発揮してきました。

そもそも日産は43%もの資本を
一つの外資に抑えられている訳で、
普通なら言いなりの子会社です。
当初の33%から増やしたのは、
当然ゴンゴンでしょうし。

一方で今現在、日産が抗えているのは、
他でもないRAMAのおかげ。
ルノーの資本権限を骨抜きにして、
日産に抵抗の牙をもたせている
なんとも摩訶不思議かつ強烈な協定です。

RAMA がなければ、
とっくに日産はルノーの植民地になってます、きっと。

これ、日産のどなたが交渉して、
ルノーに認めさせたのでしょう?

RAMAは西川社長がタフネゴシエーターとして
ルノーやフランスと交渉のうえ勝ち取ったと
聞き及んでいます。

自分の西川社長贔屓は、これが立脚点になってます。
ルノーと日産の力関係は、ここに集約されていますし、
日産を守るという強烈な日産愛と
捨て身の覚悟がなければ、
こんなの絶対に現実化できませんもの。

ちなみに先日読んだ「日産vs ゴール」でも、
西川社長はゴーンチルドレンの中にあって、
社内で不人気極まりないという酷い書かれようでした.

でも自分はこのRAMAの存在において、
西川社長贔屓を続けたいと思います。

もとはと言えばゴンゴンも、
RAMA のせいで
マカロンの日産乗っ取りの思惑が通じず、
マカロンからクビを脅かされて、
統合に向けて変心したと認識しています。

RAMAには、
これまでのルノーと日産の思惑が集約されています。
事実関係を正確に知りたいです。



[1328] Re: 日産vsゴーン クルマ好きには悲しすぎる内容でした

投稿者: いけだ 投稿日:2019年 4月29日(月)05時55分24秒   通報   返信・引用 > No.1310[元記事へ]

「日産 VS. ゴーン」
ちょっと興味がわいたので読みました。

川又さんとか塩路さんといった歴史の中の出来事を
登場人物を変えて現在進行形の形で見せてもらいました、
ということを再認識させてくれる解説書という感じでした。



> 「日産vsゴーン 支配と暗闘の20年」を読みました。
>
> クルマ好きとしては超辛口な内容で、
> ゴンゴンの日本上陸から日産の臨時株主総会の直前迄を
> 克明に解説。
> ゴンゴンの変節があまりにも悲しすぎる、、、
> そんな印象を強く受けました。
>
> また最後の章で中国がEV戦略でひた走る理由や
> トヨタがハイブリッド技術を公開した訳も
> よく理解できましたヨ。
>
> でもね、業界全体がなんだかなぁ、というか、
> 最近のクルマにパッションを感じなくなってきたのも
> 何気にわかってきました。
>
> クルマのスマホ化が、
> ナイトライダーのキットみたいなら大歓迎なんだけど、
> 現実は安全で便利な反面、つまらなそう。
> GWはDVDを手にいれて、見てみたいと思います。



[1327] アミーゴさんには悪いんですが・・・

投稿者: しんたろ 投稿日:2019年 4月28日(日)23時08分10秒   通報   返信・引用

師匠のルノーの統合案の記事、拝見しましたが「正直な話、前から読めてた展開ぢゃね?」ですよね。

 以前からのアミーゴ5号さんのコメントを否定するつもりはないですし、日産インサイダーの方や日産ファンの方のお気持ちは理解できます。
 しかし元々ゴーン氏の目論見がどうかは知りませんが、結果的にルノーの「植民地化プレッシャー」をなんだかんだとはぐらかしてきたのは事実に思えます。
さらに開国の昔から日本人の交渉下手を考えると、ゴーン氏の振るまいや経費のちょろまかし(まぁ金額の規模は出張サラリーマンのそれと同一視できにくいですが)はある種の「みかじめ料」と割り切るのも良かったかもしれないなとも考えます。

 だって西川氏をはじめとする現日産経営陣(+日本政府にも)にゴーン氏並、またはそれ以上のタフネゴシエート力を望めるとはとても思えませんから。

 私見ですが今回のルノーの植民地化提案に抗するすべは限りなく低いと感じます。
不平等条約を時間をかけてでも改正交渉をした明治政府人のような剛の者とまではいかないまでも、フォルクスワーゲンのあからさまな植民地化に対して一歩も引かず、知恵と度胸によって跳ね返した鈴木修会長のような、ある種の野武士力は残念ながら見えてこないからです。

願わくば私の見方が杞憂に終わり、逆にルノーを飲み込んでしまうような結果となることを期待したいです。

私も小学生の時に学校の図書館で510型ブルーバードのサファリ完全優勝の軌跡を描いた「栄光のラリー5000キロ」(著者は忘れてしまいましたが日産チームの方だったかと思います)でラリーに目覚め、日産のファンになった者として、ルノーごときにエラそうにされたくはありませんから。




[1326] Re:プリウスは欠陥車なのか?

投稿者: ぱんだねこ 投稿日:2019年 4月28日(日)23時00分18秒   通報   返信・引用

表題の記事を書いた人は、自動車の免許を持っていないらしいです。。。
いろいろな方向から記事を書かれるプリウスは名車というか、何というか。
それに本日のサンデージャポンで発言されていたテリーさん(69歳)の言動も話題になっているそうです。

今日一番に運転席に座って確かめてしまいましたよ、わがプリウス50。座って右足を伸ばした正面にあったのは、ブレーキペダルでした!ああ、よかった。おへその正面はステアリングの中心、それより右にアクセルがあってホッとしました。しかし、マニュアル運転支持派の人の意見も聞いてみようとカプチーノもチェックしました。こちらはホイールハウスに影響されないレイアウトということで、思いっきり右側にアクセルがあって、愛車ということを差し引いてもすごい車だったのねと再確認。

誤解を恐れずに言えば、(危なくなったらやめますが)私はできる限り運転していたいし、(危なくなったら止めますが)親も運転が必要だというならしてほしいですね。

サラリーマンはもうやりたくないし、白タクしてよいなら代行運転専門ヘルパーとかやりたいですよ。
買い物、ドライブ専門に付き合うヘルパーで、運転したいときにはお客さんが運転する車にお供して、疲れたーといったら運転を代わる、みたいな。

今日は田舎をドライブしていましたが、耕作地ではたくさんの軽トラが走っていて、まあこれも問題でしょうけど農業を支えている方は高齢者が多かった。年齢で区切って免許返納は難しいですね。

元官僚で上級国民なら、プリウスくらいセーフティセンス付のにしていればよかったのに。銀杏マークもなかったようなので、車には興味ない方だったんですかね。それとも元官僚でも車にお金をかけられるほど金持ちにはなれない国になったのか。そうだとしたら、それも問題か。



[1325] ek x

投稿者: みみここ 投稿日:2019年 4月28日(日)00時34分22秒   通報   返信・引用

自分的な意見ですが、カスタム系の軽自動車については、正直、痛ぁ~と言う気持ちです。
どんなに背伸びしても所詮は軽自動車・・・て気持ちが拭えない。
該当車には申し訳ないが、フルエアロでも、ギラギラグリルで威圧感出しても、ローダウンしてもインチアップしても、イキってる中学生のようにしか見えない。
そんなにイキりたいなら大きい車にしたら?と感じてしまう。
だから、自分が軽を買うならカスタム系は選ばない。

今回出た三菱ek x・・・これはその最たるモノに感じました。
狐目ヘッドライト・沢山のフォグや、黒/銀色のグリル・・・合理的理由が見つからない。
CMのキャッチ「見た目イケてます」!・・・個人的には「見た目イタいです」ですね。

まさに背伸びしてる中学生。おちびちゃんがイキっても全然威圧感はない。
ちょっと小っ恥ずかしくて乗ることにためらいを抱く。

日産ディズ ハイウェイスターも然り。
軽自動車でハイウェイスタ・・・高速道路の星?!それはありえないでしょ
あ~イタたぁ・・・
異論、あるでしょうね~承知の上の意見です。

と言いつつ、昔、自分もロードスターが買えずにカプチーノ乗ってましたが・・・ワイドタイヤ履いてローダウンして。今振り返るとそれはかなり痛いなぁ・・・^^;



[1324] 東名120km/h区間

投稿者: CX-5乗り 投稿日:2019年 4月26日(金)23時23分30秒   通報   返信・引用

今日初めて走ったみたのですが、トラックのマナーは全然改善されていないですね。

追越車線が120km以下で流れているとみるや、すぐ追越車線に侵入。

そして、90km/hくらいで悠々と走行。

後ろが詰まっても、自分が戻りたい位置まではそのまま走行し、走行車線に戻っても、後ろに詰まっている車が先に行ったらすぐ追越車線に戻る。

まぁ、120km/hで走れないのに追越車線を走る乗用車も悪いのですが…

110km/hの試行からだいぶ経ったので、改善されているかと思ったのですが、甘かったですね。

結構あおり気味の運転をしているせっかちさんが多かったです。


ちなみに私もメーカーのダウンオプションである17インチにインチダウンして乗っています。



[1323] タイヤのインチダウン

投稿者: みみここ 投稿日:2019年 4月26日(金)20時36分35秒   通報   返信・引用

XC60標準の19インチタイヤを乗り心地のために17インチにしよう計画なんてびっくり~(;゚Д゚)
自分なら20インチの検討はしてもインチダウンなんて脳裏過ぎりもしないです。
自分は乗り心地より見た目重視なので・・・コスト対策でインチダウンは聞いた事あれど、乗り心地対策でとは・・・
色んな価値観があるのだなぁ、、つくづく。

ちなみに最高級乗り心地のベントレー ベンテイガ・・・ものすごくカッコ悪く見えるのは僕だけ??

ポルシェの最初のSUV・初代カイエンや、ベンツの初代MLもかっこ悪~と思ってました(マイカーでしたが)。テリー伊藤さんにも話にならないと言われてましたね。
各メーカー最初のSUVって、作り慣れてなくやっばりイマイチ傾向?とベンテイガを見て再認識しました。



[1322] こんな当たり前の啓発が、できないなんて、、

投稿者: アミーゴ5号 投稿日:2019年 4月26日(金)12時17分8秒   通報   返信・引用

いや正直言って、
国沢さんのリズム溢れるレポートとは裏腹に、
今メーカーはこんなな消費者にとって大事なことすら
啓発できないの?と
強く強く強ーく思いました。

これは、業界全体からして大企業病で、
相当重症かも!!!



[1321] 赤信号と一時停止での自動ブレーキを

投稿者: 吉田 投稿日:2019年 4月26日(金)10時31分59秒   通報   返信・引用

本当にその通りです。
これが出来るのに邪魔をしてやらせない国土交通省は「人殺し省」です。
これが実現していたならば助かった命は数百人どころではないでしょう。
トップの何人かが邪魔をしているなら、その者たちを抹殺しても導入すべきことだと思います。



[1320] Re:赤信号と一時停止での自動ブレーキをすぐ導入すべし!

投稿者: しんたろ 投稿日:2019年 4月26日(金)01時40分35秒   通報   返信・引用

師匠のコラムの赤信号の停止については大いに同意できますね。
ただ黄信号から赤に変わった時などに後続車が続いていて停止すると追突されそうな勢いの場合の交差点通過(厳密には信号無視なのはわかってますし、49歳のド阿呆が小学生を轢いたケースはこれに近いみたいですが・・・)などが考えられる走行中の強制停止については賛否が出そうですが、少なくとも停止中や一旦停止からの「見切り発進」を抑制することは今すぐにでも可能ではないかと考えます。
アイサイトの信号認識機能は知らなかったので勉強になりました。実際、ホンダの標識認識については信号認識と警告機能はない(少なくとも私のクルマでは)ですが技術的にはいつでも可能かなぁと考えてました。
実際に日本の道交法の関係で実用化されていない多いのではないでしょうか。
標識ではないですが以前、高速出口付近で他車と歩行者が周りにいなかったのもあり、徐行しながらUターンしようとした時にたまたま出口方向に頭を向いてしまい、純正のインターナビでしたが全画面いっぱいに「逆走中!停止!」とけたたましいアラーム音と共に表示されて驚いたことがあります。(あまりの驚きと「うわ!みっともね~!」との思いで写真は撮れなかったですが)
その意味では逆走時の強制停止or徐行モードを追加するのもそう難しい事ではないのかも知れません。

以前、師匠の試乗インプレで私の現愛車がEVモード50㎞程度の走行時にアクセルベタ踏みするとキックダウン加速までにひと呼吸掛かるとの事だったのですが、スポーティーカー程ではないもののハーフアクセル程度にゆっくり踏み込むと意外にスッと加速してくれるので、ひょっとしたら暴走防止の為にシステム介入してるのかな?等と好意的に考えてます(笑)
もっともコンビニなどから国道に停止状態からフル加速進入したい時などにアクセルベタ踏み発進すると「のそ~」っと加速してくれるので、ドライバーの意のままのコントロールで動くという観点からすると「う~~ん」ですがコントロール不能になるよりはマシかも知れません。とはいえ人間の感覚と電脳の介入・アシストはなかなか気持ち良い一致点が見いだしにくいもんなんですね。



[1319] 赤信号と一時停止での自動ブレーキをすぐ導入すべし!

投稿者: タロー 投稿日:2019年 4月25日(木)19時14分51秒   通報   返信・引用

スマホやパソコンに比べるとクルマはフェイルセーフが遅れています。
以下思いつくままに(すでに解決実現してる可能性もありますが)
・イグニッションOFFにしたら室内灯、ポジション・ヘッドランプ点灯していても一定の経過時間で自動消灯
・イグニッションOFFでクルマから離れたらサイドブレーキ自動作動
・エンジンかけたままクルマを離れたらDレンジでもクリープしない
・クルマから数十メートル離れたら5分後 自動ドアロック
・顔認証によるドアロック解除イグニッションON



[1318] スズキからリコール対応の案内の封書が届きました。

投稿者: 湯豆腐 投稿日:2019年 4月25日(木)18時24分29秒   通報   返信・引用

「ご愛用車のリコールに関するお詫びとご案内」という今回のリコール騒動に関する文書が届きました。
ちなみに私の乗っている車は平成30年登録のスイフトスポーツ。
その文書によると、検査員の資格を持っていない検査補助者が検査をしていたので改めて法定2年相当の点検を行います、という内容。
ただし、すぐに一斉に点検は行えない(1台3時間程度かかるらしい)ので法定点検の到来時期に改めて案内します、また車検済み(車検を一度でも通した車?)の車については車検証と記録簿を確認する(だけ)とも書いてありました。

もうスズキはバンザイ状態のようです。
私のように無車検(かもしれない)車で走っていても問題ない、過去に車検通した車は結果オーライじゃん、といっているように感じます。
私のように初回車検の整備手数料が無料になるかもしれない対応としてもなにか腑に落ちません。

この対応で監督省が良い、というなら日本の車検制度が内包していた矛盾があらわになったんじゃないでしょうか。



[1317] クルマ高い

投稿者: 多摩爺 投稿日:2019年 4月25日(木)13時26分10秒   通報   返信・引用

最近のクルマ高く無いですか? そのせいだか最近は販売される自動車の4割近くが軽自動車になってるようで。
かたや私の知る限り自動車メーカーの方々は羽振り良くて殆ど外車に乗られてます。この差って一体何でしょうか?  自動車業界もそのうちスマホ業界みたい中韓メーカーが台頭するかも知れませんね~
(建設的で無いと思うなら削除ください)



[1316] テスラ燃ゆ

投稿者: サンバー愛好者 投稿日:2019年 4月24日(水)17時24分55秒   通報   返信・引用

「今度こそ全米が泣いた」訳ないです。
寧ろテスラを購入したオーナーやたまたま隣に駐車して被害にあってしまったアウディのオーナーが泣きたい。

走行中なら放電中か回生機能があれば一部充電中で電池の中で電流が動いている状態ですが、駐車中に起こるというのが非常にアカンと思います。
調査チームが動き出したとのことですが、「オーナーと連絡が取れた」うーん。
クレーム処理班の間違いじゃなかろうか。

原因が発表されるかも判りませんが、中国国内だけでも3月に広州で1月に重慶で自然発火や煙が発生したという報道もあるようです。

全く違う乗り物ですが、関連会社でロケットも作っている訳で。
宇宙飛行士はある意味軍人的性格の一面もありますが、商業運用するならば打ち上げ失敗や爆発炎上はあってはならないレベルに引き上げられます。

個人的にはビッグマウスは嫌いじゃないですし、初代ロードスターから凄く期待しています。
タカタのようにならなければいいなと思っています。



[1315] ネオチューン、凄すぎです

投稿者: アミーゴ5号 投稿日:2019年 4月24日(水)12時40分13秒   通報   返信・引用

自分も
13年落ちの軽のFFのNAのMT車を買ったので、
喜多見さんにネオって貰いました。

マジで、人生観もとい、
カーライフ観が変わりましたヨ。

この中年のおっさんが、
月に2回は奥多摩に転がしに行くようになっちゃった。
とにかく楽しいんですヨ、
滑らかな猫足のドライビンクが!

そもそも山坂道で、
ネオる前はすぐキーキー鳴っていたタイヤが、
ネオった後は同じタイヤでも全く鳴らなくなりました。

例えば下りの急コーナーでも、
前輪片側のタイヤが1本だけで踏ん張るのではなく、
四輪サスがストロークして
4本のタイヤをしっかり使って走っているのが
よーくわかります。
だから、走行安定性が抜群に良いんですよね!

ただ運転はこれといった訓練も練習もしなかったから、
下手くそなりの走りしかできないのが悲しい。
荷重移動などの基本からしてわかってないッス。
(>_<)

でもですね、走りのイメージだけは、
ラリーを疾走するシトロエンだったりして、、、



[1314] プリウスは欠陥車なのか?

投稿者: プリウス擁護者じゃない 投稿日:2019年 4月24日(水)08時07分28秒   通報   返信・引用

 BLOGOS  に 諌山裕と言う人の「プリウスは欠陥車なのか?」と題する長い記事が載っている。
 プリウスはアクセルペタルが左に寄り過ぎているから(写真入り)欠陥車で事故が起きる、解決するために左にスペースは空いてるわけだから改造するか・・・・
 なぜアクセルは右足、ブレーキは左足としないのか、根本的に疑問だ。マニュアル車のクラッチがあるのと違って、、左足でブレーキは踏むべきだ。行政指導的な問題らしいが」と力説している。

 とんでもない話で、昔 ラリーに出るため左足ブレーキ練習中、減速するつもりが急停車してトラックに追突された経験がある、ブレーキは意外に弱く微妙に踏むもので慣れない左足で踏むためには大変な練習が必要なのだ。記事には著者はバイクに乗るが自動車免許持っていないと書いてあった。

 こういう運転しない人の意見が真実ぽく語られて自動車行政に影響を与えそうで怖い。



[1313] テスラ燃エタ~

投稿者: ぱんだねこ 投稿日:2019年 4月23日(火)20時46分33秒   通報   返信・引用

テスラが燃えた話は、数日前に聞いたのですが本当だったのですね。
悪路が多くてVWのDCTがクラッチ全車交換になったとか、ユーザーの使い方が悪いからリコールだというポルシェがあったりするよくわからない中国ですが、悪路でも走って底を打ったのかなと思いました。
確かに記憶をたどってみると、ジャーナリストの方々はテスラは(面白いという意味で)いいね!といってはいても、勧めている話は聞いたこと無いですね。オートパイロットなんか、宣伝どおりならお勧めされると思うんですけど。どこの国のモーターショーも話題になるのはいつも欧州プレミアムです。
電気自動車でオートパイロットなプレミアムはそろそろ欧州メーカーからも市販されてきてしばらくたちますが、テスラは埋もれてしまうのでしょうか。ディーラー整備も中途半端で、それでも数年間は話題性だけでも振りまいたから、スペースXで面白いことをやろうかという考えなのでしょうか。



[1312] 中国のラリー映画日本でGWに公開

投稿者: サンバー愛好者 投稿日:2019年 4月22日(月)16時22分11秒   通報   返信・引用

「ペガサス/飛馳人生」が5/3~公開のようです。
中国全土では280億円の興行収入があったとか。もしアメリカで公開したら「全米が泣いた」かもしれません。
予告編見ますとポロがドリフトしていました。
やはりフォルクスワーゲンはラリーに帰って来たいのでしょうか?
抜けたり入ったりを繰り返すのは御免蒙りたいですが、フォルクスワーゲンとトヨタのがっぷり四つは見たいです。

ヒュンダイの東モ展示予想ですが、6月の「2020WRCラリージャパン開催正式発表」を期待してラリーカーとベース車であるi20クーペNかヴェロスターN展示推しとしたいと思います。


レンタル掲示板
1300件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.