建設的な意見のみ反映される掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


1413件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。


[1487] フェリー旅いい!

投稿者: m 投稿日:2019年 6月 6日(木)03時38分39秒   通報   返信・引用

特にコドモ乗せてあげると大喜びです。その場合コンフォートクラスがオススメで、少し高価な個室より確実にウケる印象です。非日常なお泊り体験になります。

まず乗船して船内探検、ついでに各スポットで記念撮影などしつつデッキで海を眺めたり風に吹かれたり(巡航22ノット程度)

日のあるうちに大浴場も良いもので、夜の入浴では景色も真っ暗でモッタイナイかも?
そんなこんなで食事すると寝る時間、一泊ですので退屈しません。

ガチで喜ぶ小学生以下なら運賃大人+0.5ですから、思い出残る体験としてはリーズナブルかと思います。
大人のイメージする贅沢とは違うかもしれませんが、コドモにとって忘れられない時を共有できます。

スケジュール的にもクルーズ船よりずっとハードル低いわりにフネの体験としては充分楽しいものとなるのではないでしょうか。




[1486] 西川社長、潮時では?

投稿者: アミーゴ5号 投稿日:2019年 6月 5日(水)12時35分14秒   通報   返信・引用

ゴーン容疑者が、
ルノーからも使い込みを指摘されてますね。

この際、会社の金の使い込みや
国際的なマネーロンダリングとともに、
少なからず甘い汁を啜ったゴーン一族への責任も
徹底的に追求して欲しいと思います。

一方ルノーが、
超ダイナミックにゲームチェンジを仕掛けてきました。

そんな大変革の波の中、
報酬半減で経営責任をチャラにしようとする西川社長は、
もはや「昔の人」という感じ。

どうしても西川社長には、
ゴーン容疑者と「同じ穴のムジナ」感がつきまとうし、
なによりも「ワクワクする日産車」を
全くイメージできないんですよね。

西川社長の大仕事は、もう終わっているのでは?
新しい時代に向けて、
今後は、次世代に任せたらどうかと思います。



[1485] プリウス・・・

投稿者: しんたろ 投稿日:2019年 6月 4日(火)00時07分32秒   通報   返信・引用

 プリウスの自動車保険が高いっていうことについてはよくわからないのですが、通常の任意保険(事故の際の賠償保険)と車両保険(自損事故や盗難)とを分けて考える必要もあるのではないかと考えます。
 一概に営業車と一括りにするのはちょっとざっくりしすぎのような気がします。
私自身、自動車保険については素人ですので間違っていれば申し訳ないですが、ひとくちに「営業用」と言っても乗用車を事業用に利用するのと商用車では保険料に違いがあるのではなかったかなと記憶してます。
また最近の「リスク細分型」保険は事故率や盗難率の他にリペアラビリティ(修理コスト)や地域性なども勘案されているはずなので、ハイエースなどは盗難率が高いことから車両保険は高いが賠償保険のランクは商用車ベースだったかと思います。
 実際、プリウスに限らずですが事故車の修理費用はびっくりするほど上がっていますね。やはりエンジンルームなどの前回りに高価なセンサーなどが集中していたり、構造自体も変わってきているせいもありますが一昔前だったら30万程度で修理できていたのが7~80万も掛かったりするので廃車になるケースが非常に増えています。
そういった要素もあるのでひと言では断言しにくいでしょうね。ただ乗用車の社用車ユースは基本的に高いのが普通です。距離走りますから事故に遭う確率は高いからです。その意味では特にプリウスに限った話ではないです。ウチの保険も1500のミニバンですが車両保険も含めて年間10万以上掛かってます。最低等級なんですがね(苦笑)

 今日も大阪で歩道突入事故が起こり、見慣れたトヨタ車が写真に写っていましたね。またぞろ「ミサイル」呼ばわりされるんでしょうが、トヨタ関係者の方々はかつての2010年のアメリカを想起させられているのではないでしょうか。
 あの時、彼の国を挙げての袋叩きでさえあからさまな欠陥はなかったと結論付けられましたから、その意味では欠陥はないと思いますが、古くはNコロバッシングや多少時代は新しくなってベンツAクラスの横転事件からの販売一時中止などがありました。

 最近の感情的なミサイル呼ばわりはやはり、クルマ嫌いの人々への格好の燃料投下なんだと思いますが、現実問題としてプリウスと販売中止、リコールに追い込んだところで生産的ではないことは間違いないと考えます。願わくばトヨタお得意の「カイゼン」力で対策を見つけて欲しいものです。
そうでなければ我々が高齢者層になった時、表に出るためのクルマを取り上げられた「家庭内姥捨て山」が現出しそうで恐ろしく感じます。

またしても長文大変失礼しました。



[1484] プリウスの保険料

投稿者: ぱんだねこ 投稿日:2019年 6月 3日(月)22時41分16秒   通報   返信・引用

いま、プリウスに乗って、車両保険を付けていますが、特段高いとは感じませんでしたね。
共済の会社は全〇済です。もしかすると、事業で運転すると申告すると、上がるのかもしれませんが。
地味に車両が多く、盗まれることも多いのて、高くてもしょうがないとは思いますが、一時期のスポーツカーのように、入るのをあきらめてしまうほどではないです。

今日もまた、大阪でプリウスαが80歳のお年寄りによって歩道に連れ込まれましたね。数人撥ねて現行犯逮捕。杖を突いていて、パトカーに乗せられるとき両脇を抱えられていたそうです。

こんなにプリウスを悪者にする年寄りが多いなら、交通の代替え手段のある都市・地域では、年寄りからは免許取り上げでよいかなと思い始めてしまいました…。

少なくとも、杖を突くほど足が不自由なら、とっさのペタル操作もできないでしょうから、身障者用の改造を施した方がいいんじゃないでしょうか。



[1483] DNDN RNRN が必要なのは

投稿者: タロー 投稿日:2019年 6月 3日(月)22時00分36秒   通報   返信・引用

ウワサでは聴いたことあったけど、本当にこんなことやる人いるんですね。
https://youtu.be/6o8GCl_RwdE

今のところ
ブレーキ踏まないでもN→D操作可能なのは
・トヨタプリウス
・トヨタアクア
・日産ノートepower
・日産リーフ

ブレーキ踏まないとN→D操作できないのは
・ホンダ新型インサイト
・ホンダフィットiDCD
・BMW530e

トヨタ・日産・ホンダはセールスに聴いても分からず実車で検証
素晴らしいのはBMWのジャニーズ系の若いセールス。
「ブレーキ踏まないとN→Dしません」と実車での実証前にはっきり断言。
よく知ってる。

テスラも確かめたかったのですが引っ越しされたのですか?

私自身ガソリン車ATで、減速のたびシフトダウンするのがルーチンで、信号待ちNだとしょっちゅう誤ってブリッピングしちゃてます。
Nでブリッピングしない、ブレーキ踏まずDにシフトしちゃう、トヨタ日産のハイブリッドやEVだったら、暴走しでかすと思います。




[1481] リーフ!かっこええな!!

投稿者: サンバー愛好者 投稿日:2019年 6月 3日(月)21時09分12秒   通報   返信・引用

カラーリングでここまでカッコよくなってしまうものなのか。
これはヘタなレースできないですね(笑)。

夏場のレースでイケることが証明されると実用性も証明されますね。

ラリーポルトガル、タナックが速かったです。
砂利掃除の走行順であれだけ速いって異次元です。
初日トヨタがワンツースリーでしたが、やはりラリーは厳しい。
ミークは速いけど3日集中力が続かない感じで、ラトバラは運がもうひとつ。
速いドライバー3人揃っているのに本当に厳しいですね。



[1480] プリウス保険高い=走行距離多い営業車多いから?

投稿者: Ken 投稿日:2019年 6月 3日(月)13時47分44秒   通報   返信・引用

営業車の保険は別枠だと認識していましたが、私の勘違いでしょうか。

また、白ナンバーでも外回り仕事などに使用して走行距離が多いというのであれば、プロボックスのようにプリウスよりも走行距離の多いと思われる車種があると思うのですが、しかし、保険料が特別に高いといった事はないようです。



[1479] ランクルやハイエースも任意保険料高いです

投稿者: サンバー愛好者 投稿日:2019年 6月 3日(月)12時35分5秒   通報   返信・引用

最近保険屋さんとあまり話し込む機会がないので詳しいことはわかりませんが、車両保険の料率が下がらない(下がりにくい)のは

①人気があって中古車価格が下がらない(車両価格が高く維持される)
②盗難被害が比較的多く払い戻し実績が高い

この辺りも影響しているように思います。
通販型自動車保険に多く見られる距離別保険料も関係するとは思いますが、自家用と営業用でも料率は変わってくるはずです。

余談ですがトラックナンバーは年齢別の割引優遇がなく、全年齢しか選択できません。
この辺りもハイエース(バン)の保険料が意外に節約できない理由なのかもしれません。



[1478] プリウスの保険料

投稿者: air 投稿日:2019年 6月 3日(月)11時45分23秒   通報   返信・引用

プリウスの保険料が高いのなら事故率が高いというのはおそらく事実でしょう。
プリウスは比較的走行距離が多いのなら、走行距離当たりの保険料=事故率は高くないかもしれない。
高いか低いかという定量的な結論は、定性的な話では十分な納得を得難いですね。
もう少し、詳細なデータがあればハッキリして世の役に立ちそうですね。
ただ、アンチがどうとかレッテル張りをして感情を前面に出すのはいかがなものかと。



[1477] 今日のプリウス…

投稿者: ぱんだねこ 投稿日:2019年 6月 2日(日)23時09分29秒   通報   返信・引用

ハッシュタグには、こんな感じのものがありますね。
#今日のプリウス
#プリウスミサイル
#プリウスロケット
Nレンジでアクセル全開→Dレンジに放り込む…という操作。プリウスは「パワフル」ではないので、シグナルGPではその手の車(MTのスポーツカー)に追い抜かれてしまうのですが、タイヤのひと転がりから2、30mは、どんな車よりも速いと思っていました。ジムカーナに出たときは、(ウデの問題もあり)タイム的には太刀打ちできなかったのですが、最初のスタートだけは超速いナ!と周りに言われました。この点、何かあったら要注意だなと自分では思っていました。わけあって何か乗り越えなければならないときは、左足でブレーキを構えていないと心配な感じ…。
プリウスには暴走しやすい特有の原因があるのではないか…。直接的に暴走とは関係ないですが、独特のシフトレバーはやっぱり使いやすくはないですね。30プリウスの時には、左手を置いたところにレバーがあったので気になりませんでしたが、ダッシュボードから水平に出ている20・50プリウスのそれはやっぱり使いづらいです。というか、ミニバンのインパネシフトよりさらに不自然なのであまり使わない前提で設置したのかなと思わせられます。昔のATのようにO/Dを切ったり、2レンジに入れたい要領でBレンジを使いたくてもレバーが使いづらいです。運転姿勢から左手を伸ばした時は、やはり押す・引くが自然な腕の動かし方ではないでしょうか。それを上げ下げ動作にしたいなら、かつてのコラムシフトの高さまで持ってきてほしいです。最近のTHSは、カムリもCH-Rも普通のATのようなシフトレバーになっていると思うのですが、プリウスもそうした方がよいと思います。それじゃプリウスっぽくないけども。てか、恨みはないものの50プリウスのチーフエンジニアって、プリウスを悪化させてないか!?(デザインとか、シフトレバーとか、ルーフの頂点の位置とか、30プリウスの方がプリウスっぽくも普遍的でよかった)
また、アクセルペタル、ブレーキペタルとも位置には問題ないですが、踏み応えが人工的で重いか軽いか踏みしろが長いか短いかの違いしかない。なのでとっさに力を入れて踏んだ時、踏み間違いに気づくスキがない気はします。アクセルペタルって、物理的なワイヤーで繋がっていたときは、踏み込んでいくと遊びがあってケーブルの摩擦を感じながらさらに踏み込むとキックダウンスイッチの摩擦がさらにあって最後まで踏み抜けるという段階的な踏み応えがありました。しかし、バイワイヤになってからは、当然ながらただバネを踏んでいるかのようなフィーリングです。ブレーキペタルはそれをもっと重くした感じです。
それらが問題か?といわれるとそうではないとおもうのですが(今はアクセルみなバイワイヤだし)、何だか操作感に乏しい(フィードバックがない)よね?と思うことはありますね。



[1476] プリウスミサイル

投稿者: しんたろ 投稿日:2019年 6月 2日(日)17時10分44秒   通報   返信・引用

 ネーミングセンスはいかにも日頃車に縁のない自宅警備員らしいチョケたネーミングですが、それはさておきシフトミスについてはお恥ずかしながら何度か経験あります。と言いますか今でもまれにちょくちょくやらかしますね。
 もっとも私はホンダですしプリウスではないのでレバーの位置など厳密には違うものの、シフトパターン(RND)は同じなので経験談を少し。
私の場合、やらかすのは自宅駐車場からバックで出庫して前進しようとするときだけです。Rからそのまま「ストンと」Dレンジに入れたつもりがNで止まってしまい「ブオン!」と空ぶかしになってしまうパターンです。マイカーなのでぶっ壊れるのが怖い(笑)のでそのままフルスロットルでDには入れず(というかブレーキ踏まないと入りません)アイドリングに収まってからDレンジに入れなおして発進するのですが、国沢さんのコラムの通りで普段はNに入れようとするとレバーを握ったままN位置(レバーの定位置から右横に一呼吸固定)に意識しないと入りません。漫然とレバーを握ったままでRからDに入れようとするとNで止まってしまうようです。
 国沢さんのご指摘で改めて上記の通り思い返してみたのですがおそらく上記の通り、安全策でRからDへは直接シフトできない構造になっているかと理解しています。
確かに普通のAT車と違うパターンですし、ブレーキを踏まないとNからDへは入らずアラーム音もなるのでそう簡単に暴走しない仕組みになっているのは間違いないと思います。

 ただ書き込んでいてMTのシフトパターンっぽいかな?と感じました。ATのシフトは直線的であるのに対してMTもプリウス&ホンダHV車もシフト位置から中立位置を介して次のシフトへ移るパターン。このような動きに慣れているのはATよりもMT経験者ではないかという気がします。そう考えるとベテランに暴走が多いのもむべなるかなという気もしてきました。
さらにホンダの場合ですが、発進時はEVモードでの発進とはいえ、あさイチやバッテリーが減っているときなどエンジンがかかった状態での発進もあるのでプリウスも同様ではないかと思います。あと先日合流の時に停止状態から流れの間を見計らってフル加速進入をしたのですが「もさ~っと」EV発進をして後続車から怒られるかと5~10mほど進んだ時点でエンジンが掛かり、猛然と加速してくれました。まぁ考えようによっては怖いかも知れません。
 実際シフトパターンはレバーにこだわる必要もないのかも知れませんが(ジャガーなどはダイヤル格納式だったかと)人間工学的にレバーが馴染みやすい為にこうなったという説を聞いたことがあります。

 私の加速体験など、意図しない発進でパニックに陥った人だと恐怖以外の何物でもない気がします。かと言って私のような意識した急発進などでフェイルセーフが掛かってしまうと逆に事故を誘発しかねませんし、メーカーさんも悩ましいのではないでしょうか。

 いっそMT車みたいな「エンストモード」を付けるのも良いかもしれませんね。エンジン始動後数分or数キロ走行内(または徐行速度以下)でアクセルベタ踏みなんかをすると機動停止(エンスト)して再度イグニッション操作をしないと動かないとか。



[1475] 足の置き方と座り方について。

投稿者: 投稿日:2019年 6月 2日(日)12時10分27秒   通報   返信・引用

 そもそも「プリウスミサイル」説は、停車から走行へと切り変わる瞬間のみしか説明できておらず、根幹の原因である運転中にブレーキとアクセルを踏み間違えてしまう事例については説明ができていませんよね。

 個人的に、足の置き方と座り方、つまりドライビングポジションについての関心の低さが問題の本質だと思っています。

 ブレーキペダルの前にまっすぐ足を置き、かかとを離さぬまま支点とし、まっすぐ踏めばブレーキ、右斜めに踏めばアクセル。このペダルワークですが、僕は自動車教習所では習いませんでした。ですから、いちいちブレーキ時とアクセル時に、かかとを離し、踏みなおすというスタイルを免許取得後しばらく行なっていました。つまりどちらのペダルもまっすぐ踏んでおりました。運転に慣れていないことも手伝って、当時は時折余裕のない瞬間に踏み間違えたことも何回かありました。これが結構危ない気がしております。

 また、座り方ですが、結局何が正しいのかわからないまま、卒業しました。

 そんな状況を改善するきっかけとなったのが、YouTubeに上がっているBestMotoringやHot-Versionの足元動画、マツダのドライビングポジション矯正動画、そしてトヨタの I Love Cars Gazoo ドライビングスクール 動画(Gazooはあまり同意できない、合わなかった部分もあります。)です。

 それでも事故る時は事故るんですが、少しでも確率を下げる姿勢があるのになーと思います。

 みなさんのドライバー人生において、そうした「誤った姿勢」を直すきっかけってありましたか?トヨタあたりはネットに動画を上げているんだから、菅田将暉と中条あゆみ出演の正しいドラポジの取り方とペダルワーク動画でのCMをやったほうが良いんじゃないかなー。これだけ叩かれている状況ですから、批判者の意味不明誤論理の俎上に乗らず、別の正しい論理・CMから反論・啓蒙したほうが会社延いては日本経済・車文化のためになると思います。



[1474] Re: ATとハイブリッドのNレンジ

投稿者: hagoi 投稿日:2019年 6月 2日(日)11時52分13秒   通報   返信・引用

ホンダのボタン式のハイブリッドは停車時には「N」から「D」にはブレーキを踏まないと入りません。

トヨタはガソリン車と統一ということで入るようにしたのでしょうが、そもそも「N」から「D」に入る必要がなく、入ったら誤操作事故の危険が高いので、入らないようにした方が良いと思います。

警告が出るなら「プリウスミサイル」は行き過ぎた表現だと思いますが、馬力が低いといっても誤発信防止の出力抑制状態になっているわけではないのなら、誤操作防止対策が不十分ではないでしょうか。



[1473] リーフe+とモデル3レンジ比較

投稿者: でんすけ 投稿日:2019年 6月 2日(日)06時38分43秒   通報   返信・引用

リーフe+ 458km (WLTC)
モデル3 S+ 415km (WLTP)

こうして並べるとリーフの方が航続距離が長い。
あれ、モデル3の方が長いはずなのになんで?と思い両車のWLTPの数値を調べたところ、

リーフe+ 385km
モデル3 S+ 415km

これなら納得です。
WLTCは、WLTPから最高速131km/hの超高速モードを抜いたものだったのですね。
WLTPは米国EPAより数%良くなる傾向があり、WLTCよりも実用上の数値に違いのではないでしょうか。個人的な肌感覚ですが。

せっかく日欧中で同じテストサイクルで燃費表示がされるようになったのに、ストレートで横並びに比較できないのは残念!

ところで、
米国でのモデル3、どのグレードも納車2週間以内とあります。
マスクさんはQ2の出荷新記録に向けて頑張ろう的なことを社員向けに伝達したそうですが、真相は週明けからぼちぼち判明する5月の販売台数で占えるでしょうか。



[1472] ATとハイブリッドのNレンジ

投稿者: タロー 投稿日:2019年 6月 2日(日)00時28分36秒   通報   返信・引用

MT車にはNレンジもPレンジもない。Nはシフト移動途中だし、Pはローかリバースに固定すればよい。

ATとハイブリッドにはNレンジがあるが、Nに入れて強制的に慣性走行するエコランでもないかぎり、走行中にNレンジに入れることはまずない。Nレンジは牽引のとき以外は必要ないようです。

むしろ怖いのは、誤ってNで入れてしまったことに気が付かず、アクセルを踏んだら、ハイブリッドの場合モーターもエンジンも作動しないので、ブレーキ踏んでると勘違いしやすいことです。

ATとハイブリッドのNレンジは、シフトパターンから外したほうがよいと思う。新型インサイトはPもNもRもDもボタン式だが、ハイブリッドやEVではシフト式よりボタン式の方が正解では。

最近の電磁サイドブレーキ車は、シフトのPと連動してるので、Pもシフトパターンに不要になってきてる。



[1471] 店の味が変わる

投稿者: サンバー愛好者 投稿日:2019年 6月 2日(日)00時11分46秒   通報   返信・引用

丸天もかもめ丸も昔を知っています。最近は沼津港に近づいてないのでわかりませんが。
以前はひなびたいい漁港だったのですが、立体駐車場ができた辺りで一気に観光地化してしまいましたね。
それはそれで楽しい人もいるとは思うので良し悪しですが。

以前は朝ごはんを魚っせ(うおっせ)で食べたりランチを丸天やかもめ丸で食べていました。
500円で鯖のみりん干し朝食があったりして、リーズナブルだったのです。
丸天だと茶筒のようなかき揚げ丼よく頼みました。女将さんが食べ方教えてくれたりね。親切なお店でした。
帰りにあら煮をお土産に買って帰ったりして。

当時は伊豆に行けば林道が何本もあったし、モビリティパークはオートキャンプより専用オフロードコースが有名でしたので(現在はオフロードコースは閉鎖)ジムニーやランクルでよく遊びました。
あの頃は車は移動手段でもあり、遊び道具でもありました。
RAV4だとちょっとそういう遊びができそうな予感がありますね。



[1470] プリウスミサイル

投稿者: Ken 投稿日:2019年 6月 1日(土)23時53分33秒   通報   返信・引用

暴走の原因はブレーキペダルの踏み間違いによるものだが、なぜプリウスに踏み間違いが多いかを徹底検証する必要があるのではないだろうか。

プリウスが一番売れたから必然的に事故やニュースになる確率も高い、というのは一理あるだろう。だが、保険料が高いのでやはり事故が多いのだと思う。また、売れているからと言ったらN-BOXだってかなりの台数が売れているわけだし高齢者ドライバーも相当多いと思われる。しかし、あまりニュースにならないのは情報操作している? そんな馬鹿な、保険料は高くないので実際に事故は少ないのだと思う。つまりプリウスには、勘違いでペダルを踏み間違えやすい何かがある、のではなかろうか。



[1469] テスラの株価

投稿者: ・・・ 投稿日:2019年 6月 1日(土)19時18分56秒   通報   返信・引用

モルガン・スタンレーが「最悪のケースなら10ドル」と予想しています。
目標株価は230ドル据え置きですが、厳しい評価ですね。
株屋の言うことをすべて信用するわけにはいきませんが火のないところに煙は立たない
おもちゃを買う感覚で買える人以外は買わないよ!ってのが市場の評価だと思います。



[1468] テスラ補修?

投稿者: LOVE2000 投稿日:2019年 6月 1日(土)17時04分21秒   通報   返信・引用

先日、成田から横浜に向かう途中、東関東自動車道だったと思うのですがキャリアカーに乗ったテスラを発見!
モデルは何だったか確認出来ていなかったのですが(マークは確認)ボディー側面に補修用と思われるチョークで丸を書いた痕が10箇所くらいありました。
暫く走り続けると、また同じような状態のキャリアカーに遭遇! その後また遭遇! 自分の方がペースが速いと思うので違ううキャリアカーに遭遇していたと思うのですが、輸送中にそんなにキズが着く物なんでしょうか?

輸送中偶々の悪天候で大量の傷物が出来たのか、溜まった傷物をまとめて輸送していたのか分かりませんが、自分が買ったらしげしげとボディをチェックしてしまいそうです。



[1467] プリウス暴走の原因

投稿者: タロー 投稿日:2019年 6月 1日(土)14時25分50秒   通報   返信・引用

プリウスが暴走するのはブレーキ踏まずにNからDへシフトできるからだと以下のような掲示板がありました。
https://togetter.com/li/1361483

プリウスにかぎらずすべてのAT車はブレーキ踏まずにNからDへシフト可能なので上記コメントは間違っています。

ただしハイブリッドでは、Nの状態でアクセル全開すると、エンジン回転が上がらないのにこのままDへシフトするとミサイルスタートします。これが暴走の原因かもしれません。

ハイブリッド車では、Nのアクセル全開をキャンセルする仕組みが必要なようです。


レンタル掲示板
1413件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.