建設的な意見のみ反映される掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


1119件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。


[1209] 電動化と安全性で180km/h制限

投稿者: hagoi 投稿日:2019年 3月 7日(木)22時35分47秒   通報   返信・引用

ボルボなどの欧州のPHVは、重いお荷物を積んでエンジンで走るだけになる高速域は苦手でしょうから、180km/hというのは電動化の言い訳という面は否めないと思います。

ホンダが英国工場撤退の際に、社長は「ブレグジットは関係ない」「電動化対応を見据えて」といったコメントをしていました。
電動化対応というのは、工場の都合だけでなくて、商品力の面でも、ホンダのハイブリッドはダイレクトドライブモードを搭載しているとはいえ高速域は苦手なので、欧州市場で戦うのは無理だと判断したのかもしれません。

考えてみれば、ブレグジットが理由だとすると、ホンダの撤退発表のタイミングは変ですね。
トヨタやMINIがブレグジットで追加関税になった場合は撤退を示唆したようですので、追加関税が確定していないタイミングでのホンダの発表は、ブレグジットよりも電動化時代の欧州での商品力を検討した結果かもしれません。

トヨタは1.8は物足りないかもしれませんが、2.0と2.5も出たので、今後は欧州市場で有利に戦えそうな気がします。




[1208] CX-30

投稿者: ピーと 投稿日:2019年 3月 7日(木)19時23分9秒   通報   返信・引用

クルマ好きの私としてはMAZDA3及びCX-30に対して物凄く良いイメージばかりで期待が膨らみます。

この2台に対してクルマ好きの私の仲間たちからはネガティブな意見はほぼ0で、買い替え時期の合う多分2人くらいはどっちか買っちゃいそう(笑)総じてポジティブな反応が多く早く見てみたい、乗ってみたい気持ちが抑えられません、と言う人ホントに多いです。

ちなみにこの仲間内でデミオとCX3とアクセラと5と8とアテンザが区別つかないという人は一人もいません。
各車個性的ながらも一目でマツダと分る凝った意匠のラインナップは、日本車界の金字塔となる可能性を感じ称賛に価すると私は思います。マツダにはこの路線は貫いて欲しいと思います。支持してます。

まあ、少なくとも私は対向車がマツダだった場合、スレ違いざまに完全に判別する自信はあります、クルマ好きですから(^^)

マツダの、ロングノーズコンパクトキャビンというディメンションによるカッコよさはオンリーワンの特別感を感じます。また、新3のCピラー周りのがっしり感が醸し出すリアクォータからの眺めも言葉を失うほどの美しさを感じます。

私は、昔のってたNSXの室内空間が大好きだったため、タイトなコクピットにかえって安心感を抱く気持ちがいまだにあります。車線変更などの際は、いまだに首捻じ曲げて目視確認するのも普通にやってます(老体なのに^^;)。私個人的には、その観点から行くと今回のマツダ新型車のキャビン空間などに不満は全く出ないと思います。スタイルとのトレードオフがあろうとも十分な許容範囲と推察します。
ただ、ルーフとフロントガラスの境目の位置がどの辺になるかは実際に乗って確かめないといけないとは思いますが。

私にとっては必要十分な車室・荷室スぺ―スだと予想です。・・・自分に言い聞かせ。
毎日4人乗せて150サイズ段ボールを何個も積んで走るということも皆無でしょうし。

ぼちぼちと届きだした海外メディア(ドメスティックなものと違い率直なもの言いが多く、よりジャーナリスティックに感じる)の評価も心躍る内容が多く期待が持てるとしか思えない心境です。

3はグレードと価格も判明したため、私は購入検討に入りたいと思います。
人柱上等です。

まあ、世の中いろんな人がいるんです。
自分は自分、ひとはひと。
意見の相違があろうとお互いに尊重し合ってまぁるく楽しくいきましょうよ(^.^)/

長文ですいませんでした。



[1207] ゴーン容疑者の変装で保釈

投稿者: サンバー愛好者 投稿日:2019年 3月 7日(木)15時49分36秒   通報   返信・引用

連投すみません。
ゴーン容疑者が作業服姿に変装して保釈されたシーン、ニュースでもワイドショーでも盛んに取り上げられましたね(汗)。
私もあれ見て最初に出た言葉は「オッサン、かっこ悪すぎるわ」
何が彼をああいう行動に駆り立てたのか本人にしか分かりませんけどね。
それを大勢の報道陣がパパラッチしているのも何だかね。
どうせ変装して脱出作戦なら映画みたいな演出して欲しかったですね。
背格好似た影武者用意して目元をゴーン風にメイク、マスクしてもらう訳です。
そんなそっくりさんお化粧芸人さんみたいなことをしてもらって。
で、敢えて本物のゴーンさんには厳重な護衛をつけず、作業員4人で先にエブリィに乗り込んで出発。
影武者に厳重な護衛をつけて黒のハイエースに乗り込んでもらい、門を出たらエブリィと反対方向に走ってもらう。
これこそミッション・インポッシブルなんじゃないでしょうか。
後で思い起こしたら東京地検に入っていった作業員は3人だったのに、建物から出てきて乗り込んだのは4人だったみたいな。
まぁどちらにせよ茶番ですけど、もう少し楽しませてくれたような。
記者会見したら質問がどうして保釈時に変装したのかが真っ先に聞かれそう。
本題への関心が薄まったという意味では作戦は大成功といったところでしょうか。



[1206] スープラフルスロットルインプレッション

投稿者: サンバー愛好者 投稿日:2019年 3月 7日(木)15時27分17秒   通報   返信・引用

トヨタ所属のレーシングドライバーに富士スピードウェイでフルアタックしながらインプレッションしてもらう動画が出ています。
ラトバラ版

https://www.youtube.com/watch?v=utQXdBQihd8

タナック版

https://www.youtube.com/watch?v=o_4_sPquoog

他にも中嶋一貴や小林可夢偉、セバスチャン・ブエミの耐久組もいるし、別コースでアメリカストックカーのカイル・ブッシュなんかも。
ヘルメット被ってないし、フルアタックと銘打っても8割で流しているんですが、まぁ速い。
2人乗りのラリー組でおよそ2分1秒、一人乗りのレーサー組でおよそ1分59秒といったところ。
同じ車・同じコースなので運転スタイルが如実に出ていて興味深いです。
単なるオンボードだけじゃなく、ペダルワーク(左足ブレーキの映像だけでなくアクセル開度やブレーキ減速Gまで表示)も出るので興味深いです。

誰もネガティブなことは言ってないけど、評価は大体賛否両論。
ラリー組はニュートラルステアと前輪の接地感を高く評価。
コーナリングの切っ掛けとして凄く重要なんでしょう。純粋に新しいおもちゃを与えられた子供みたいな顔をして運転しています。
レーサー組は「挑戦を仕掛けてくる」と評価。
油断するとスピンモードに近い体制になるので、そうならないように対処するスキルを要求されるということなのかも。笑顔も運転中に映るのですが、ちょっとニヒルな感じ。
サーキットじゃなくていいので半日くらいドライブしてみたいですね。



[1205] CX-30

投稿者: akira 投稿日:2019年 3月 7日(木)07時22分36秒   通報   返信・引用

素直にいいデザインだと思います!
一見するとCX-5のダウンサイジングと勘違いするかもですが、小さ目のサイドウィンドウとクォーターウィンドウの形状の違いによりCX-5よりシャープなデザインになっていますね。
CX-5は鼓動ラインの影響もあり、ずんぐり感が否めないですからね。
CX-3の弱点である後席の居住性も改善されているのも重要なポイントだと思います。
国産メーカーで手頃なサイズのSUV車はホンダのヴェゼル、スバルのXV、三菱のエクリプスクロス、トヨタのCH-Rなど色々ありますが、デザインに魅力を感じる車はありませんでした。
CX-30はこれから登場するRAV4同様に人気車となる予感がしますね。
国内での発売は年末以降ということですが、遅すぎます!
早く発売しないとRAV4に顧客を持っていかれますよ~




[1204] なめている、見下している、、、

投稿者: アミーゴ5号 投稿日:2019年 3月 6日(水)22時02分17秒   通報   返信・引用

連投、恐縮です。

おちょくってる、は表現が違いました。

「庶民をなめている、見下している」
でした。



[1203] 庶民をおちょくっとるのね、やっぱり

投稿者: アミーゴ5号 投稿日:2019年 3月 6日(水)20時31分22秒   通報   返信・引用

ゴンゴンが保釈金10億円をポンと支払って、
留置所から作業員に変装して出てきたそうで、、

さすがはセレブ様。
性根では、
やっぱり、我々庶民をおちょくっとんのね!と
思いました。



[1202] 新型ハイエース(海外仕様)どうやら普通にFRの模様

投稿者: サンバー愛好者 投稿日:2019年 3月 6日(水)19時15分47秒   通報   返信・引用

数少ない情報と写真からもしやFF?と思っていた新型ハイエースですが、やはりFRだったようです。
いや荷重のかかり具合考えると理想はFRだし、何の文句もありません。
勝手に「あの短いボンネットじゃエンジン縦に入らないわな」「室内にはみ出ている様子もない」と、妄想と共に予測したのです。
しかーし。続報からすると「前輪の切れ角は45度」「エンジンは縦置き」「動画でリアサスの透し図を見るとデフがある」動画を見て、こりゃFRと確定。

https://motor-fan.jp/article/10008376

前輪の切れ角45度ってタイヤハウスどんな構造になっているのでしょう。ラジコンだと切れ角80度とかあるのですが。余裕のある全幅と縦置きエンジンFRが成せる技でしょうか。



[1200] cx-4

投稿者: みみここ 投稿日:2019年 3月 6日(水)00時29分17秒   通報   返信・引用

MAZDA cx-30がジュネーブモーターショー2019で発表されるそうです。
cx3より一回り大きくなるそう。

私はずーとcx-4の日本発売を心待ちにしてるのですが、cx-30といろな点で重なる気がして、結局cx-4の日本導入は見送られるのかな~・・・と不安です。

国産SUVクーペは現在ch-rが該当するかもしれませんが、ミディアムクラスだとcx-4が出たらオンリーワンのポジションを確保できると思うのですが・・・

cx-4・・・無いのかなぁ
サイトではこんな情報もあるのですが・・・
MAZDAさん、cx-4日本発売したら絶対買いますよ~!

http://newautocar.info/japan/mazda/2019-cx4



[1199] バッテリー寿命

投稿者: Ken 投稿日:2019年 3月 5日(火)16時34分41秒   通報   返信・引用

我が車のバッテリーは14年目に突入です。特別なことは何もしていませんが、端子のサルフェーション防止にベーキングソーダをふりかけています。見てくれは良くありませんが、効果あるようです。



[1198] トヨタの社長が86でドリフトパフォーマンス 鈴鹿サーキット・ファン感謝デー2019

投稿者: wanco 投稿日:2019年 3月 3日(日)20時52分52秒   通報   返信・引用

肝心のシーンのリンクがこれです。リンクが不正確でしたm(__)m

トヨタの社長が86でドリフトパフォーマンス 鈴鹿サーキット・ファン感謝デー2019

https://www.youtube.com/watch?v=2rQ5jmefYjY



[1197] 鈴鹿モータースポーツファン感謝デー!(^^)!

投稿者: wanco 投稿日:2019年 3月 3日(日)10時06分4秒   通報   返信・引用

大阪オートメッセに続き鈴鹿モータースポーツファン感謝デーに行ってまいりました。

トヨタとの共催ということで毎年行っているのですが雰囲気がガラッと変わって
本当に賑やかになっていました。
そして驚きはCBRとヤリスに乗ったホンダとトヨタの両社長の登場です!

何やらゆっくり走っているCBRでしたらその後ろから半ドリフトでヤリスが追走していたのですが
降りてみて両社長に本当にびっくりしました。

そのうえ『トヨタの社長が86でドリフトパフォーマンス 鈴鹿サーキット・ファン感謝デー2019』です!
この動画の86はなんと豊田社長なんです♪
サーキット内ならまだしもこんなフリースペースで大トヨタの社長がリスク顧みずパフォーマンスを
実現するとは!!本当に驚きました!!

トヨタとホンダの本気度が今度に期待!ですね。

F1も何とか今年は期待できそうですしWRCも順調に良い結果をだしていますしこのファーイーストの
日本で世界的なイベントが間近に見ることができるってのは本当にうれしいことですね。

去年までのイベントは私みたいに車好きのマニア向けだったのですが今年は誰にでも楽しめる
車の魅力を底辺から感じてもらえるイベントに成長したように思います。

これからの両社に本当に期待!ですね♪



https://www.youtube.com/watch?v=w-MIE4pHxN8


hhttps://www.youtube.com/watch?v=2rQ5jmefYjY


https://www.youtube.com/watch?v=4hI1FI5svRY


https://youtu.be/EQhXALLapyU


https://www.youtube.com/watch?v=WIBjt6ra8aI


https://www.youtube.com/watch?v=5peT6P9gBKU



[1196] ほんとに、そっくり!

投稿者: アミーゴ5号 投稿日:2019年 3月 3日(日)08時43分10秒   通報   返信・引用

八郷社長、
正直言って、影が薄すぎます。

でも社長がレーサーでサーキットを走るなんて、
サイコーです!

ホントにくまもんそっくりですが、
カッチョいいっすよ。
何より楽しそうだもん。



[1195] Re: 首都高の辰巳PAを閉鎖した理由にたまげました

投稿者: 近隣住民 投稿日:2019年 3月 2日(土)23時35分53秒   通報   返信・引用

近所の住民です。辰巳PAに週末になると集まる走り屋の皆さんのクソうるさい空吹かし音で、近隣住民がどれだけ迷惑してるかご存知ないのでしょうか?出入場時のマフラー音だけでもひどいものです。週末の閉鎖は英断です。走り屋さんたちは、自分たちで自分たちの首を絞めていることにお気づきないのでしょうか。



[1194] モータースポーツ

投稿者: ぽこさん 投稿日:2019年 3月 2日(土)21時02分16秒   通報   返信・引用

オートサロンとオートメッセが大盛況。モータースポーツもF1・WRCと明るい話題ばかり。その影響かF1を目指す若者はフォーミュラーニッポンを目指してやってきています。
なのに(´;ω;`)ニュースにならない!!ニュースになるのは煽り運転などのネガティブ記事ばかり。
今日のモースポフェスとかすごいと思うんですが?
モータースポーツがしっかり根付いているところは運転他マナーも良い気がします。だからメルセデスやVWが強い?
草の根運動ではないですが、これからもブログやニュースに取り上げてください。よろしくお願いします



[1193] ハザードでのお礼

投稿者: ひでさん 投稿日:2019年 3月 2日(土)09時57分7秒   通報   返信・引用

 私は、ハザードランプが点いた場合、たとえそれがお礼であることが明確でも、減速し、普通以上に車間距離を空けます。例えば、突然タイミングベルトが切れるなどの故障が起きることもあるわけであり、お礼と思ったら、本当に危険な状態に陥って危険を知らせようとしていたという可能性も否定できないからです。(もちろん、この場合追突すれば、ハザードに気づきながら対策しなかった後続車の責任になります)
 個人的には、お礼は、社内で手を挙げるのが一番と考えています。明確に「危険」とは別ですし、視線を動かすことも不要、手を挙げることは、次の動作への予備動作につながりますので。(ハザードスイッチを押すということは、少なくとも、「ハザードスイッチを見る」という前方不注視、「ハザードスイッチを押す」という、運転に関係のない動作が入ります。)



[1192] Re:カンボジア、2代目プリウスの多さに魂消る! 

投稿者: ぱんだねこ 投稿日:2019年 3月 2日(土)00時33分56秒   通報   返信・引用

私の住んでいる北関東の人口10万人くらいの街は、アラブ系だか東南アジア系の出稼ぎの方が多いです。あと中国の方も。本国のほうが景気がよくて条件がイイと思うんですがね。
その方々がよく乗っているのが2代目プリウスとダイハツ・ムーブなんです。仲間でフル乗車している姿も見ますし、普通にディーラーにやってきて「スマートキーのスペアを売ってくれ」という人もいます。
なんで石油の取れるアラブの方がプリウスなんだと思いますが・・・。
しかも、車は古くても割りときれいにして乗っています。近所に車に寝泊りしているのかというような日本人所有のスターレットもありますが、それよりぜんぜんキレイです。
まあ、出稼ぎも大変でしょうから、日本車でカーライフを楽しんでもらえてうれしく思うこともあります。でもあまり飛ばさないでね。



[1191] Re: 自動車雑誌の未来は?との記事について

投稿者: ぱんだねこ 投稿日:2019年 3月 2日(土)00時22分49秒   通報   返信・引用 > No.1189[元記事へ]

連投と勝手に返信申し訳ありません。

> その新車レビューですが、「自動車評論家が自動車メーカーの顔色を伺い、正しい批評して
>いない」と多くの自動車好きが感じているのでは?と思うのは、私だけでしょうか?

同感です。私もそう思う記事を見つけるあります。
何というか、競争はやめてみんなで手をつないでゴールしましょう、に通じるものを感じます。
もちろん、日本車が海外車と比べられるようになり、アラが目立つような車が無くなったこともあるとは思います。軽自動車も衝突安全性が求められ、100km/hの制限下130km/hでも怖かった平成初期の車種が、いまは制限120km/h(+α)にも余裕~になったのですから、極普通に運転している限り何も感じることはないと思います。
ユーティリティについてもそれに有利なミニバンなどの車が多いので、使い勝手が悪いとか狭いと思うことはあまり無いんだと思います。

その代わり、真剣に購入を考える人は価格.comのような口コミサイトを活用する動きもあります。単なるアンチな意見もありますが、購入された方にストレートにネガ・ポジを聞けるので、購入希望者としても通じるものがあるのだと思います。

自動車雑誌は娯楽の部分がありますから、みんなでいいね!を探すこと自体は悪くないと思います。趣味性高いCGのような雑誌があるのもいいと思います。また、自動車の売れ行きを上げたいというか、活発化のためのPRも兼ねているので、あまり悪いことは書きたくない・書かれたくないことはあると思います。

一方で、クルマが好きだからこそ、ネガティブなことをあえて取り上げて、そこを注意してもらう働きも欲しいです。バイヤーズガイド的なポジションをとる雑誌ならそこを押さえてほしいと思います。
また、最近は車がフルモデルチェンジするたびにその車独自のコンセプトまで変えて出てくることがあり、その場限り感があります。平成も30年あったし、まだデビュー当時のコンセプト(というよりポジション)のまま作られている車もあるので、そんな歴史を見てみるのも言いかと思います。
(バブルなカローラ、WRCなインプレッサ、あり物で作られた初代オデッセイ、若返りしたいクラウンなどなど)



[1190] Re:「電気自動車は絶対燃えない!」

投稿者: ぱんだねこ 投稿日:2019年 2月27日(水)21時15分14秒   通報   返信・引用

恐らく「燃えない」と主張される方は、メーカーが例示した「電池パックに釘を刺しても無事でいる様子」の話を持ってきているのだと思います。初代リーフが登場したときの絵だったと思います。私もそれを信用しています。電池はパナソニック製ならセルまたは個々の状態では燃えないと思います。
ただ、そこから先の造りや制御が公開されていない電気自動車は、日本車であれ外車であれ燃えないとはいえないと思います。良く安全策として出されるブレーカーは電池パックまたはモジュールから電力が出て行った先でのショートには防衛策になりますが、内部で漏電した際には効果がないからです。
今回注目すべきは、まずは事故を起こしたときに作動するはずだったドアノブやドアロック解除が動かなかった事のような気がします。これは、従来の車で言えばシートベルトのロックが働かなかったもしくはエアバッグが展開しなかったに相当する事象です。まずはそこを調査しテスラが他の車と同等の安全性・信頼性であるかを検証して欲しいです。
スーパーカーや超ラグジュアリーカーに採用されている格納されるドアノブの機能はもう少し信頼性を厳しく客観的に見る必要があると思います。(となると、法制化?)
HEVやEVからの救助方法は、消防やJARIでも対策が練られていますが、テスラの件はその想定を超えるものと思います。ヘタをすると、一台の車に積める電力量について規制が掛かるかもしれませんね。。。
もちろん、電池自体の性能や劣化具合が担保できれば余計な量を積まなくても済み、結果的に安全になるのですが。



[1189] 自動車雑誌の未来は?との記事について

投稿者: ヨッシー 投稿日:2019年 2月27日(水)18時21分24秒   通報   返信・引用

はじめまして。
いつも国沢さんのWEB記事を楽しみに拝見させて頂いております。

さて「carviev」の業界ニュースに「自動車雑誌の未来は?」との記事がありました。

記事を書いた記者は、

「A社の自動車雑誌を購入すべく訪れた書店で、たまたま手に取ったB社の自動車雑誌に知りたい情報が掲載されており、一緒に購入する。そういうケースもあると思います。インターネットでは成り立ちにくい相互扶助や購入の広がりが、書店では成り立ちます。」

とあります。

そして「活気ある書店が不可欠」との結論になっていました。

さて、本当にそうでしょうか?

自動車雑誌を読む際、人それぞれでしょうが、一つの理由に 新車レビューがあるかと思います。

その新車レビューですが、「自動車評論家が自動車メーカーの顔色を伺い、正しい批評していない」と多くの自動車好きが感じているのでは?と思うのは、私だけでしょうか?

皆さま、如何感じられますか?

https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190227-10387213-carview/


レンタル掲示板
1119件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.