建設的な意見のみ反映される掲示板


【重要】teacup. byGMOのサービス終了について

カテゴリ:[ 趣味 ]


新着順:143/6085


[6491] 時間を割と割いて

投稿者: Z151 サンバー愛好者 投稿日:2022年 5月18日(水)13時08分2秒   通報   返信・引用

骨折して仕事をセーブせざるを得ないので、ラストワンマイルで話題になっている電動キックボード、電動アシスト自転車、電動バイク辺りを少し調べました。
距離や手軽さ、価格帯がお互いに割と重なっているものもあり、また玉石混交であり、発展途上ともいえるのでバラエティーに富んでるなという印象に。

結論から申し上げますと、いつ頃購入するかとか用途によってまた免許所持状況によって全く選択肢が変わりそうで、「○○に限る!」みたいな断定的な結論は出ていません。
まず電動キックボード。
ナンバー付き(恐らく自賠責付き)条件によって免許なしヘルメットなし。まだ(一部しか)公道を走ることはできません。
現状は原付バイクのナンバー付けて走行できる商品もあるようで、その場合はヘルメット着用&要免許。
LOOPのシェア電動キックボード等は実証実験中でヘルメット着用義務なし。
私も限られた場所での少々の乗車経験しかありませんが、直進安定性とかは構造上あまり期待できないし、長距離はあまり乗りたくない乗り物ではあります。
ただ例えば駅から徒歩15分とか普段の目的地からそこそこ離れていて、しかも行きか帰りに坂道がある場合便利なツールになる可能性はあります。
私くらいの運動神経具合だと確実にコケると思うので、ヘルメット着用+肘当て・膝当て+手袋とできれば足首をカバーする靴という組み合わせになりそう。
ある意味バイクウェアとあまり変わらないのでいっそ胸&脊髄をカバーするライダーズベストを着こむかも。
先日こちらの動画で簡単に躓いて転ぶのを確認しているので、できれば前輪がより大きく、トリシティみたいに前輪2輪モデルかサスペンション搭載モデルが理想かなと思っていますが、そういうものは普通に原付バイクの新車が買える以上のお値段します。
自宅から駅まで(或いはスーパーやコンビニまで)乗って行っても駐輪スペースのようなものがないので、便利になるのはこれからかなと妄想します。

電動アシスト自転車は言わずもがなですが、ヘルメット着用不要・免許不要。ナンバー不要(但し要防犯登録番号取得済みステッカー)
今買うならば一番完成度高いですね、やっぱり。
ちょっと前まではまともな電動アシスト自転車を求めたら最低価格15万円からという感じでしたが、割とちゃんとしているものでも6万円台から買えるようになってきました。
ジャンルもママチャリ(幼児を前後に乗せるタイプ)カデゴリーか通勤通学用軽快車(こっちもイメージとしてはママチャリ?)しかありませんでしたが、クロスバイクタイプやロードバイクタイプも徐々に増えている模様。
後輪にアシスト駆動が入るモデルに加えて前輪にアシスト駆動が入るモデルもあり、チョイスは確実に増えています。
注意点としては公道走行可能なのは防犯登録証ステッカーが貼ってあるもののみであり、通販で手に入るフル電動自転車等は自転車としては公道走行不可になること。
一部はウインカーやヘッドランプ、ストップランプ等の保安部品を追加することによって原付登録で公道走行可能になりますが、その場合は要免許+ヘルメット着用義務アリです。
公的な見解は出ていませんが、今後電動キックボード同様フル電動自転車も最高時速20㎞/hであれば免許不要+ヘルメット着用義務なしになる可能性が高く、フル電動自転車狙いの人はやや待ちかも。

電動バイク、これが今買うのか待ちなのか判断に迷うところ。
まず価格で判断するなら完全に待ちです。
リッターバイク並みの動力性能とされるモデルも出てきていますが、お値段も300万円以上とプレミア価格。
安めのリッターバイクなら2台買えそう。
ハーレーダビッドソンから独立したブランドになったライトニングもお値段は500万円くらいかもといわれています。
もう少しお手軽な出力の中型クラス(40馬力程度)で180万円くらい。うん、リッターバイク買えます。
原付バイククラスになると値段はほぼエンジン車と変わらないですが、出力が定格1kw(約1.4馬力)とちょっと心許ない感じに。
髙すぎ!待ち一択!!と憤るのも理解できますが、悩みはここから。
日本の免許制度の穴なのですが、現在電動バイクに関しては明確な免許区分がなく、原付バイク相当に関しては出力の目安で区分されるものの、それ以上に関しては全て軽二輪登録。(つまり250㏄以下)
私みたいに中免止まりのバイク免許しか持っていない輩でも大型バイク(但し電動に限る)に乗れてしまう&車検なし。
国沢さんのように限定解除免許&自分で車検行っちゃう人にとってはこの悩みは極小で、「待ち一択ぢゃね?」となるところです。

出力だけじゃなくバイクでは難しいディメンションも電動バイクだから新しいジャンルが生まれそうという例も。
例えばサーロン・ライトビー。

https://youtu.be/C-t7iaI9dZI

ゴツいマウンテンバイクに見えなくもない感じですが、モトクロッサー的エンデューロ的トレッキング的バイク車両とも言え、この手のバイクの約1/3から半分くらいの重量ということもあり新しい面白そうな乗り物になっているような気がします。

今後電動バイクの免許制度がどう変遷していくか、或いは所有車両の扱いがどうなっていくのか今後の道交法次第でしょうが、今までの傾向からすると中免の条件表示に書き加えられるのかなという予想です。
車検は実質タイヤやブレーキ等はメンテナンスが必要でしょうが、電動バイクは車検不要な方向かも。(これで収入を得ている業界が相当大きな声を上げない限りは)

もやっとした結論かもしれませんが、今買うなら電動アシスト自転車は完成度もコスパも高いのでオススメ。
自転車としてもモビリティとしてもインフラ(自転車置き場とか)も整っていて使いやすいです。
北海道一周みたいなロングツーリングには不向きだとは思いますが、都市部の最寄り駅まで等々の使い方では最強な予感。
電動キックボードは正直玉石混交&現在は公道走行不可。(条件による)
但し公道走行可能になった場合車載は一番簡単ですし、車で旅した際の散策には最も手軽に使用できるかも。
電動バイクはコストで考えれば見送りですが、中型二輪免許でも免許制度や車両区分の穴をついてエンジン車では扱えない区分の電動バイクを乗ることが可能。(腕前は自己責任)
どれもこれも楽しそうです。


新着順:143/6085


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.