建設的な意見のみ反映される掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


新着順:323/411


[129] あおりハンドルで左折について

投稿者: ひでさん 投稿日:2017年12月15日(金)01時04分39秒   通報   返信・引用

 いつも読ませていただいています。

 私は、自転車にも車にも乗りますが、自転車から見て、あおりハンドルで左折はそこまで危険ではありません。合図を出さずに右へ寄ったら、左折すると考えればよいので、合図を出さずに直に左折されるよりもわかりやすい。合図不履行で左折する車は左を見ていないことが多いので、大変危険です。特に、交差点直前で追い抜かれた場合、そのままかぶせて左折してくる場合があるので、要注意です。

 そのほか危険なのは、歩道を横断しようとする手前で一時停止しない車が危険ですね。特に、右折で歩道を横断しようとする車。対向車線の車の間を縫って突入してくるため、速度も出ています。自転車で歩道を徐行している場合、車側は無意識に歩道上の交通を無視しているうえ、身体はともかく、自転車の前輪は植え込みなどの陰に隠れているので、接触しそうになることがしばしばあります。ちなみに、警察の車であっても、横断歩道の手前で完全に停止することは極めてまれです。良くて最徐行、大抵はほんの少し速度を落とすだけです。

 ところで、自転車から見て最も迷惑なのは、逆走する自転車です。発見したら、なるべく手前で停止して左に寄せて通り過ぎるのを待たねばなりません(右に出て車と接触する危険を冒すのはごめんです)。

 また、自転車にとっても、車にとっても、一番危険なのは、隊列を組んで集団走行している自転車です。一見おとなしそうに見えますが、その危険性を考えると、集団危険行為を適用してほしいと切に思います。

 車から見れば、半身のトレーラーが走っているようなもので、対向車が時々来る状態では追い抜くことができません。自転車に乗っているとき、このような隊列に追い抜かれるときは、追い抜く車や大型の対向車が来ないことを祈るしかありません。もし、車が近づけば、隊列を崩したくない彼らは、左側に自転車がいることを忘れて、左に寄ってきます。危険を察知して停止しようにも、ピッタリつけてくる後続車に追突される危険が非常に大きくなり、大変な勇気が必要になります。

 隊列走行している自転車の内、前方や側方の交通に気を付けているのは、先頭からせいぜい2~3台までで、あとはただ先行車の後にピッタリつけることを意識しているだけになります。信号は無視するわ、先行する自転車がいても安全な間隔をあけずに追い越すわ、暴走族以上に危険です。

 親子で2~3台の自転車が隊列を組むのは仕方ありませんが、一般道路での大人数での隊列走行や、他人にピッタリつける行為は、絶対にやめてほしいと思います。
 


新着順:323/411


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.