建設的な意見のみ反映される掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


5376件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。


[5873] 悪路走り

投稿者: アミーゴ5号 投稿日:2021年10月27日(水)07時50分46秒   通報   返信・引用

悪路ドライビング、滅茶滅茶カッチョええです。
ネオチューンのサスも、いい仕事をしているとお見受けしました。
\(^o^)/




[5871] ハーツやるなぁ

投稿者: Z151 サンバー愛好者 投稿日:2021年10月26日(火)21時22分41秒   通報   返信・引用

一気に入れ換えるのではなく数年かけてなんでしょうけれど、大口契約には違いないですね。
世界中に5000以上、アメリカ国内だけでも2000近く店舗がある訳で。
「アメリカ・ファースト!」を叫んでいた某大統領じゃなくても、国産車導入しちゃいますよね。
単純に5000店舗に10万台を配置しても1店舗当たり20台。
既に導入しているとみられるモデル3を除いてなのか含んでなのか?
乗用車クラスのE8に電動中型車・ロングレンジというものがあるのでこれのことかも。モデルSでしょうか?
日本国内だとトヨタレンタリースとの提携なので、テスラの配車はないかも。
いずれにせよアメリカの空港で乗るのは、これからはカムリやアコードではなくテスラが主力になるのかもしれません。

Ken様のリンクに出て来るアマゾンの配送トラック、驚くほどクイックデリバリーだなと思いました。
宅急便が去年導入した電動トラックは何だか頓挫したようですが、またEVクイックデリバリー共同開発するのかな?



[5870] 自動車の盗難を減らすには

投稿者: ・・・ 投稿日:2021年10月26日(火)21時09分44秒   通報   返信・引用

盗難対策は
技術的に頑張ってもコスト増、余計な手間が掛かるなど結局ユーザーの負担が増える。
これはもう永遠に続くイタチごっこなので、刑罰を重くするしかないと思う
「得られる金額では割に合わないほどの刑罰」で抑止するべき



[5869] EV自動車が楽しみ

投稿者: 張本喝太郎 投稿日:2021年10月26日(火)19時20分27秒   通報   返信・引用

高級車の要件はいろいろあるだろうが、スポーツカーでなければ静かで滑らかは大事だろう。軽自動車のような小さくうるさいエンジンが静かなモーターに置き換わったならば、まず静かになるよね。これはイイよね。ネオチューンのような技術を入れた足回りをぶち込めば、高級ミニの出来上がりでしょう。



[5868] ハーツがテスラを10万台オーダー!

投稿者: Ken 投稿日:2021年10月26日(火)09時59分55秒   通報   返信・引用

amazon は Rivian に配達車を10万台オーダーしていますが、その第一号が完成しましたね。
https://insideevs.com/news/539176/rivian-focus-amazon-van/




[5867] 上がり前の車にフェラーリ・ベントレー

投稿者: Z151 サンバー愛好者 投稿日:2021年10月24日(日)22時52分16秒   通報   返信・引用

ロールスロイスはショーファードリブンカーだから落選したのか…と思ってしまいました。
JAIAの試乗会でこの辺りを中心に乗られていたので、やっぱりクルマの最高峰ってこの辺りなのかなと妄想していました。

エンジン誌に寄稿されるジャーナリストで多くの人がアルピナ(B3・D3)を挙げていたのですが、私も第1候補はアルピナD3かなという感じです。
2位GRヤリス、3位ロータスエリーゼ、以下マツダロードスターやアルピーヌA110等々ハンドリング重視の憧れが続くかと思います。
大好きクロカンだと予算と納期待ち考えなければランクル300、ハイラックス、ラングラー。
買っても街乗り中心なのは目に見えているけれどジムニー。買ったら若返りそうな気がする。
もう少しライトな感覚で意外と内装がカッコいい新型アウトランダーPHEV。
ファミリーカー処分しちゃいましたが、敢えてのこのポジションならXC60かV60クロスカントリー。
狙うのは電動化した新車じゃなく、高年式のD4。なかったらガソリン。
レガシィアウトバックも好みです。
サンバーまだまだ元気ですがいよいよとなったら今のハイエースかな。
中古だと車椅子リフト付きが大穴で安い。うちなら大歓迎。

考えたらICEバンザイな志向ですね。
bZ4Xやソルテラはっきりしないけれどかっこよさそうですが。
ミライは私のキャラじゃないけれど憧れています。



[5866] ランクルの盗難対策

投稿者: Z151 サンバー愛好者 投稿日:2021年10月23日(土)00時35分18秒   通報   返信・引用

今度の300は車体各所にも製造刻印が為され、フレームナンバーを不正に書き換えても車体ナンバーが判明するようになっているとか。
でもエンジン掛けなくて車体が動いたらアラームって中々ですね。
標準装備の何かなのか、試乗車に施した盗難対策なのか気になります。

ハイエースの動画ですが、ブレーキを踏み込まないとエンジンを始動できないのを逆手にとって、ブレーキペダルロックなるセキュリティ対策があるのを最近知りました。

https://youtu.be/-DV0WO0TZ1k?t=173

盗む気で来る窃盗団にどれだけの効果があるのか、対策の対策を取られてしまうのか未知数な部分はあるものの、割と有効な対策のような気がします。

しかしランクルも燃費良くなったものと感心します。
キャブレター仕様の3F型エンジン搭載だったランクル60は、リッター2~3㎞でした。
燃料計とだるまさんが転んだをやっているような感覚。
いくら何でも海外でこれじゃガソリンスタンドとの往復になっちゃうんじゃないかと思ったら、海外仕様はタンクが2つあるのだとか。
でもリッター10㎞近く走るなら予備タンクも必要ないですね。
当時万が一を考えて荷室に携行缶を固定していました。



[5865] 電池もいろいろ♪

投稿者: アミーゴ5号 投稿日:2021年10月22日(金)18時38分26秒   通報   返信・引用

リチウムバッテリーも種類によっては、ポテンシャルは高いけど脆かったり、性能は秀でていないけどタフだったり、様々ですね。リン酸鉄もLFPというと、俄然格好良く聞こえますし。

ただEVバッテリーの本命は、まだまだ決まっていないと思います。電池容量、充電速度、コスト、扱いやすさ、耐久性、安全性、環境性等、勝負どころはいくつもあると思います。

個人的には全固体電池を推していますが、まだまだ、何が飛び出すか分かりません。

どこかで、バッテリーの種類や性能、開発動向などを詳しく特集してくれないかしら。



[5864] 軽井沢のバス事故、すっかりドライバーの運転未熟が原因になってしまった

投稿者: 佐藤 投稿日:2021年10月21日(木)19時01分0秒   通報   返信・引用

こんばんは。
これから、バスやタクシーは無人化が進むんだと思うんですが、それでも効率よく人を運ぶ(乗合で炭素排出量少ない)運転手は重要な仕事であると思うんです。
しかも、無人化=自動運転なら普段の車両メンテナンスや故障のチェックがさらに重要になってくると思うんです。いろいろな異常に気付ける「人間」が運転する車が2年車検でOKでも、あらかじめ想定された故障しか判定できない無人の機械なら、運航前後の点検は必須。
という点から考えて、この軽井沢のバス事故の事後処理は、これからの自動運転を含めたモビリティの発展に逆行するものだと思います。事故直後から、技量についていろいろ言われたりして、何だか運転手さん無念だろうなと思います。



[5862] マツダ、SUV5モデルをスタンバイ。いくつかの”ナゾ”を考えてみる

投稿者: 佐藤 投稿日:2021年10月21日(木)14時12分46秒   通報   返信・引用

こんにちは。
マツダの新型5車種、と言っても、今のラインナップをフルモデルを行い、トヨタとの協業を反映する程度なので、布陣は大きく変わらないのかと。
気になるのは先に技術だけ発表された4気筒のPHEVと直6の使い分けとFR化。
マツダはラインを工夫してマツダ2でもロードスターでもCXでも混流生産できるようにした、と言っているのでFRの製造に関しては不安がないのでしょう。となると、気になるのは自前の電動化車両です。MX-30EV以外は実証実験の域を出ていないので、不具合でないといいなあと言うくらいですけども。

価格は、上げすぎなければ成功すると思うんですけど、本気でBMWのXシリーズのチョイ下を狙っていると思うと危ないですね。周りでCX-8を買った人は、CR-Vよりお得だったからとはっきり言ってたし、車雑誌以外でもマツダ車を推す記事が出るときはかならずコストパフォーマンスを取り上げます。

もともとロングノーズに見えるCXシリーズなのでFRにしてみたいという願いをかなえるだけにしておけば、失敗はしないのかも(もちろん、スカイ~Xを持つグレードは売れないでしょうが)



[5861] キャラバンになったのはガソリンのみ

投稿者: Z151 サンバー愛好者 投稿日:2021年10月21日(木)10時49分35秒   通報   返信・引用

ディーゼルエンジン搭載モデルは名称もNV350キャラバンのままですし、グリルのデザインも旧来のまま。
ということは衝突被害軽減ブレーキも旧来のカメラなし?
何らかの事情でガソリン車を先行発表する必要があったのかも。

実は個人的にはデザインは今のキャラバンの方がハイエースより好きです。
旧型は明らかにデザインでも劣っていたけれど、その前の型も割とカッコよかったと記憶しています。
こんな板かまぼこみたいな車にもデザイン要素があるんだなーと妙に感心したりします。
旧来ハイエースとの販売比率が2:8とも1:9ともいわれていたのに、3:7まで盛り返して来たのにも割と「キャラバン今度のはいいぞ!」派が増えてきたのかなとボンヤリと思ったりしています。

ハイエースの直接のライバルということで、(デリカバンは廃盤、ボンゴはハイエースのOEMになりました)もうえげつない程ライバルの一歩先を目指して作られたキャラバン。
ハイエースに先駆けて衝突被害軽減ブレーキを搭載、ハイエースのATが4速の時代に5速、荷室長はハイエースが3000㎜ならキャラバンは3010mmといった具合。
ただアップデートの頻度でライバルに負け、ハイエースは上級車用のセーフティーセンスP(当時)を採用し、ATを6速化。
ディーゼルエンジンを新世代ものに換え、燃費と出力を向上。抜け目がありません。
荷室長は負けたままになっていますが、売り上げに影響は出ていない模様。
これが数字上の10㎜・1センチの差がどうこうではなく、例えばあと3センチ余裕があれば規格の段ボールが1列余計に入るのにという差だったら、「キャラバンすげえ!」になっていたと思います。
配送関係が挙ってキャラバンに入れ替えたとしても不思議じゃないくらい。儲けにしっかり効いてきますから。

キャラバンにはがんばって欲しいです。
ライバルに対して何が足りないかといえば、ハイエースは大局を視ているような気がしています。
走る道は世界中の道ですし、ハイエースを買う人の為にセーフティーセンスCではなく敢えてPを装着してくるところとか。
AT6速化で実質燃費で5速MTを下回ることがなくなり、ATに一本化、結果補修部品も生産性も管理がしやすくなる。
エンジンも新世代ディーゼルエンジンは、プラドやタイ仕様のハイラックスと共通化。
ICEの最後までいける目途を立てて。
結果として残価率が非常に高く、市場で絶大な支持に繋がっているんだと思います。

東南アジアでは既にハイエースは次世代の300型(ランクルみたいですが)が2年前にデビューしており、日本でもワゴンはグランエースとして発表されています。
じゃあ日本のバンもコレ導入すればイイじゃん!にならないのは、これを4ナンバーサイズ化した場合、先ほどの段ボールで2列入らなくなります。(荷室2.4mと予想)
4列x4段と仮定すると32個段ボール積載量が減ることになり、これがハイエースのフルモデルチェンジを阻んでいるとまことしやかに言われています。
キャラバンの勝機もここにある訳で、今のハイエースがある意味完成形なだけにモデルチェンジして欲しくない人たちにとっても、「キャラバンがんばれよ」と言いたくなるのではと思っています。



[5860] マツダCX-60=新型のCX-5?

投稿者: Z151 サンバー愛好者 投稿日:2021年10月20日(水)23時11分25秒   通報   返信・引用

発表されたものから予測するしかないのである程度当てずっぽうですけれど、CX-50はスモール商品群でFFシャシーの2列SUV、アメリカで生産して国内販売なし(予定)。
ぱっと見これがCX-5の後継かと思ったけれど、大きさと国内販売なしから違うのかなという印象。

国内販売では60と80(両方ナローボディのそれぞれ2列シートと3列シート)というからCX-5がフルモデルチェンジするとCX-60になるのかなと。
もしCX-60が国沢さんが仰るような500万円中心だとしたら。(割と現実的にありそうなお値段です)
既存のCX-5購入客層からかけ離れてしまうので、代替え需要はまず諦めるしかない。
仮にCX-60がハリアーやRAV4と同じくらいの大きさだとしたら、正直勝負にならないんじゃないかと思います。
3年後5年後の下取り価格の残価率がライバルより100万円以上いいならば話は変わると思いますが。
せめてハリアーの最上級ZレザーパッケージHVと同じ下取り価格がつくならば、ワンチャンあるとは思いますが。

そりゃマツダの生産台数と利益額を単純に比べたら1台当たり8万円くらいしか儲けがないのかもしれない。
だから値引きもできないし、かといって何もやらなければジリ貧ですから、儲かる新車を出すのは必須課題と思います。
ラージ商品が売れたら、1台当たりの粗利は今の何倍にもなると思いますよ。
私が現役の時、クラウンの粗利はカローラ7台分でした。
でも粗利x台数を考えれば、必然的に高い車はあまり台数が出ないものです。
今のマツダに付いている顧客を育てて、上方へ誘導しなければいけないんだと思います。
このプロセスから考えると、CX-5の顧客にCX-60に移行して貰うのにもハードルがあり、本寸法のCX-3やCX-30からはもっと大きな壁があるように思えます。

常識を打ち破るくらいの魅力的な商品群だから心配ないというならば、もう多くを語りません。
かつて絶好調だった頃のパジェロ、それを研究し尽くして販売されたランクルプラドくらいの本物感があれば、残価率は高いし息の長い売れ方をするのかもしれません。
ただし、昨日今日で築き上げたような薄っぺらい皮算用の向こう側にある車との真剣勝負になりますが。



[5859] Re: ホンダ、どうして手頃な価格で楽しいクルマを売ってくれないんだろう。

投稿者: XC60T6 投稿日:2021年10月20日(水)21時21分28秒   通報   返信・引用 > No.5855[元記事へ]

ホンダEに1000㏄ 3気筒エンジン載せて
シンプルな 内装にした ホンダ1000なんて売れると思います。



[5858] マツダSUVの新型攻勢

投稿者: Ken 投稿日:2021年10月20日(水)14時35分18秒   通報   返信・引用

毎度毎度の "凄いぞ凄いぞ" の宣伝活動をするのでしょうか、またぞろあの著名なユーチューバーの方にお願いして。私はそういうのが嫌いです。でも、信じちゃう人っているのですよね、だから性懲りもなく繰り返すわけです。



[5857] 最新のランクルが最良のランクルか

投稿者: Z151 サンバー愛好者 投稿日:2021年10月19日(火)23時45分30秒   通報   返信・引用

よくポルシェに使われる表現ですが、確かに最新ランクルが限りなくヒューマンエラーを抑えながら同じことをできるように改良されていますね。
200だってテレインモニター(直前の路面状況が見えるモニター)が付いていたと記憶していますし、アラウンドビューモニターもあったはず。
それだけで誘導員配置して難所を乗り切ることもほぼ必要なくなりました。
友人たちとオフロードコースや林道を走る時は直6の70、プラド、60のコンボイで行き、転びそうなときは牽引ロープでアンカー張りながらとかでした。(一回転がしました)
あれはあれで腕と体力と知恵があれば結構楽しいのですが、もうあんなことできません。
ランクルの盗難話が仰る通りどうしても話題先行しますが、ランクルって速さとは別の方向で最高峰を目指しているのがかっこいいなと思います。
そうはいいながらダカールラリー市販車部門は連勝記録更新中だったりしますが。

https://youtu.be/7OcnsmUYoz8

動画のドライバーさん物凄くスキル高いです。
ガリガリのオフロードなのでステアリングスポークに親指を入れて握らないこと。
強烈なキックバックで普通ならケガします。(300は対策済み)
タイヤをオフロード用に換えるだけで難易度は二段階くらい下がると思います。

そうそうボリビアのウユニ塩湖、リチウム埋蔵量が数十年分あるといわれている塩の湖ですが、湖の上を車で走れることでも知られています。
インスタ映えするのでよく撮影スポットにもなったりするみたいですが、現地の人はハイラックスかランクルを買い求めるようです。
理由は「それ以外の車は2年で錆びて使い物にならなくなるから」
塩水の上(それも飽和食塩水)走っちゃう訳ですものね。10年もつのは2車くらいとか。

自分で走ったことないけれど、フォレスターも実力が高いとは聞いていました。
ウィルダネスじゃなくてもXモード搭載車が凄いらしいです。(旧型含む)
アゴが当たるところは除いて旧ディフェンダーが行けるところは大体行けるとか。
下の動画は少し古いですが、旧ディフェンダーと旧XVのオフロード走行動画です。

https://youtu.be/BWdQqMRdTrs

さなげの難コースからすると三段落ちくらいの難易度ですが。
オンロードで乗り心地がいいのはスバル。
街中・高速道路もスバル。
でもランクルのある意味ミリタリースペックにも心惹かれます。



[5855] ホンダ、どうして手頃な価格で楽しいクルマを売ってくれないんだろう。

投稿者: 佐藤 投稿日:2021年10月19日(火)15時49分54秒   通報   返信・引用

こんばんは。
ホンダの軽は確かに高い。シビックも高いグレードしか日本で売ってない。
でも、ワゴンRと比べたとき、N-WGNのほうがしっかりしている(ダウンサイザーを受け入れるように作ってある)のがわかったので、高いN-WGNを買いました。
N-WGNもN-ONEも安くない。ここから、オートエアコン(プラズマクラスタ付き)とか、サイドエアバッグ、テレスコ機能の標準装備を削ったり、フルトリムなしの、ステアリングやペタル周りの補強をいじって(削って)、ワゴンRやアルトみたいにして安くすることはできるんだと思うんです。実際N-BOXにはホンダセンシングとオートエアコンしかつかない(スライドドアの電動レス!)みたいな、見せかけグレードも作っています。逆にワゴンRについているHUDやISGをつけてみて気をひいてみたりとかも可能化も。
でも、それって同じライバルのプレオ+やムーブみたいに本当に軽自動車でどんぐりの背比べになってしまって、クルマとしての成立性の訴求力が落ちてしまって、普通車を作る会社の軽を選択する人の行き場がなくなってしまうと思うんです。やっぱりホンダセンシング(全車速対応ACC)が全車付いていて、電動パーキングもあって、操作系の剛性がしっかりしていて、N-WGN(タイミングが合えばN-ONEでも)には少し多めに払っても乗りたいなと思ったのです。あと事故に対してはその時々の要素が絡むので何とも言えませんが、NCAPの衝突動画を見ても、ホンダ系のほうがキャビンが守られている印象でした。
といいながらも、N-ONE RSの200万円はやりすぎだと思いますけども…(汗
いまでもわずかながら、軽自動車メーカーの軽自動車は不安を覚えるという人がおります。
なので、まずは普通車に限りなく近づいた軽自動車をちょっと高いけど作ろうということなんだと思います。
たぶん、償却が済んでモデル末期になると先代の「SSパッケージ」みたいな廉価版を出してくれると思います。(販売店は早くほしいかもしれませんが…)



[5854] Re: 軽自動車がEVになったなら

投稿者: 野田優介 投稿日:2021年10月19日(火)06時28分7秒   通報   返信・引用 > No.5840[元記事へ]

> 軽自動車がEVになったならと・・・皆さんお考え下さい。
> あのうるさいエンジンの音が無くなるのですよ。
> 現在の軽自動車の大きさときたら、30年前の小ぶりな普通車さほど変わらない。
> これはイイと思うのです。大きなチャンス到来と思います。
> 小さいクルマが静かで上質ならば無駄なデカイのは必要ないでしょう。
> 小さくて、カワイくて、ちょっぴり品のある軽自動車って、あったら最高でしょう。
> 人気のFIAT500みたいなのが、EVならもっと品のあるクルマなるかも知れません。
> 軽バンなんか、車中泊ブームがより火がつくでしょうね。

エンジン音がなくなるのもそうですが排ガスがなくなるのが何よりもでかいですね。
大型トラックも燃料電池に置き換われば構想道路でも多少窓を開けて走れるようになるので日本全体で夏場の車の燃費が改善されるんじゃないかと個人的に期待してます。



[5853] Re: 寒い地域の暖房こそ電気で十分

投稿者: 野田優介 投稿日:2021年10月19日(火)06時24分31秒   通報   返信・引用 > No.5842[元記事へ]

> 日本の多湿の気候で高断熱の住宅にするとむずかしいかもしれませんが、友人の奥さんのお父さんがカナダからコンテナで送った材料で作った家(お店と二階が教室)は30年以上たっていますが大丈夫のようです。


杵鞭さん返信ありがとうございます。
多湿で家が腐るというのは確かに正解なんですがそれは何もしなかった場合ですね。
きちんと密閉して暖冷房除加湿をしてきた家というのは新築の匂いがいつまでも残るほど経年劣化しません。
日本で古くから建てられているパッシブハウスが全く問題なく今も残っていることをみれば説明がつくかと。

反対に日本家屋の劣化の速さと維持の面倒さがパッシブハウスに住んでみると際立ちます。
わざわざ窓を開けないといけないのでホコリ・カビ・ダニ・排気ガスがバンバン入ってくるせいで下手すると2週間もすれば夏場なんかは足が黒くなるほど家の床が汚れてたものですが今なんか下手すると掃除機なんて一ヶ月かけなくても全く問題ありません。



[5852] Re: 寒い地域の暖房こそ電気で十分

投稿者: 野田優介 投稿日:2021年10月19日(火)06時17分48秒   通報   返信・引用 > No.5841[元記事へ]

やすさん記事の紹介ありがとうございます。
結論としてはヒートショックが原因ではないですがやはり家の断熱が悪いからというのは変わらないですね。
記事中に浴室溺死は高温で長湯が原因とありますがそもそも高温で長湯「しなければならない」理由は何か。
家の中が外より寒いからです。

自分が古い日本家屋からパッシブハウスレベルの家に住み替えたのでわかりますが旧来の家では42℃でガンガンに温まってから出ないととてもじゃないですが風呂から上がれませんでしたが現在の家だと真冬であっても39℃、下手すると38℃でちょっとつかって出るだけでもほとんど問題なく生活できます。

日本人の長湯だけが問題であれば夏場も浴室溺死がもっと多いハズですが夏には溺死数がガクッと落ちてますし海外では人口比で見ても寒い地域だろうと浴室での溺死割合は非常に低く日本特有なのもこれであれば説明が付くかと。

まぁヒートショック抜きにしても近畿大学の岩前教授あたりのデータ見るに喫煙より体に悪い、先進国各国がこぞって断熱強化に邁進してることからも耐震化や車の燃費云々より重要度は高いでしょうね。

https://dannetsujyutaku.com/serial/column/1_index/1_01



[5851] 三部社長のメッセージ

投稿者: Z151 サンバー愛好者 投稿日:2021年10月18日(月)23時39分47秒   通報   返信・引用

もやっとしてますね。
話せないのか、本当にただ雲隠れしただけだったのかは、今の時点では私には判断できませんけれど。
タイプRのEVは何らかの形で出て来るんでしょうね。
それが今のシビック寄りなのか、ホンダE寄りなのか、全く別物なのかはわからないけれど。

フラッグシップモデルに最先端技術を載せるのはコストがかかるからといいますが。
そこは間違ってはいないと思うのですが、ある程度数が出ないと益々コスト高は解消しないと思うのですが。
限定販売でもないのに年間100台くらいしか売れないフラッグシップに「世界初装備!」積んでも、ほぼ触る機会のない一般ユーザーからしたら「ああそう」としか言えません。

V8の性能とV4のコンパクトさを実現したバイクであるホンダNRも見かけたことすらありません。
長円ピストンで1気筒当たり8バルブ、4気筒で32バルブの夢の4ストエンジンだったけれど、520万円の価格も驚きでした。(直後バブルが崩壊し、キャンセルが相次いで数年後も新車(未登録)で買えるようでした)
長円ピストンの4ストロークエンジンはあれっきりで、四輪も二輪もなし。
熱効率考えると燃焼室は限りなく真円形が望ましいですし、長円ピストンの枢動抵抗も大きそうなので、ダメだったのかもと現在の素人も妄想しますが。

ああそうそうフラッグシップに最新技術でしたか。
モックアップのコンセプトからシルエットを想像すると、ダルマセリカやケンメリスカイラインのデザイナーが「21世紀の車デザインを描け!」と命題を打たれたらこういうデザイン描きそうなんて言ったら言い過ぎでしょうか?
でもS800でもないし初代アコードでもないんですよね。
ましてや現代のホンダデザインでもない。
大きさもわからないけれど、EVのクーペコンセプトというならば、噂のインテグラがこのエッセンスで出て来る?
SUVコンセプトから辛うじてヴェゼルのエッセンスがあるかどうか。

来年でもまだ形になりそうにない感じですね。
ホンダストーリーの続報に期待するしか…。


レンタル掲示板
5376件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.