雑銭 掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


1516件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。


[1574] 珍しいかな??

投稿者: ゆず拓乃助 投稿日:2021年 5月 2日(日)16時26分21秒 flh2-133-203-165-96.tky.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

こんにちは、お礼の方遅くなりすいません…
まだまだ未熟者の私にわかりやすくお教え頂きありがとうございます。
今後の参考にさせて頂きます。




[1573] 今日の収穫

投稿者: 68式ヲヤジ 投稿日:2021年 5月 1日(土)16時55分57秒 p2877135-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

今日は午後から雨の予報、明日は両親の送迎があるしワラビは午前中に勝負しなければ...とリュックを背負いバイクでいざ山へ。残念ながら一歩遅く採られた後だったが坊主でないのでまあいいか、などとのん気な帰路でガツンと衝撃一発。グラグラするのでポットホールにはまってパンクか?どうすっぺ!と思ったら地震でした。

震度5強。2月から同程度の地震が多い事は気掛かりです。日本は世界有数の地震国、中でも宮城、福島はその頻度が高いので世界一の地震発生地なんじゃないかと思ってしまいます。

画像の不美人は銅山手の縮形、無極印銭です。製作は常見の品と異なり雰囲気は銅山至宝に似ています。出所は秋田でした。



[1572] 珍しい品かな???

投稿者: 浩泉丸 投稿日:2021年 4月29日(木)23時54分0秒 p1588140-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

ゆず拓乃助様

私も昔、古銭の小変化に一喜一憂していた時代がありますので懐かしいです。
中学生の頃、アパート造成地に大量の鉄銭が露出していました。その中からぼろぼろになった背イを見つけたときは嬉しかったですね。ゆず拓乃助さんもそんな気持ちなんでしょう。

さて、古銭については「鋳造品」ですから、小変化は必ず発生するものと考えましょう。
書体の新種は、彫母銭~銅母銭の間に生じたものが原則認定されます。
通用銭段階での変化はあくまで余興的なものですから、よほど面白い変化じゃない限り取り上げられません。
(銅替わりとか錯笵、刻印銭の一部など)
ですから、今回のものたちは収集という観点からはそれほど重視されません。
それより、はじめは代表的な基本銭の美銭を集めましょう。銭譜をよく見てそろえることから始めましょう。
焦る必要はありません。最初から大物狙いは、絶対に失敗します。(長続きしません。)
珍銭はそう簡単には出てきませんが、名品は不思議なことに大ぶりだったり製作の良い美銭に多く見つかる傾向にあります。
(島屋文、御用銭、魚尾寶なんかが典型です。書体にも風格のあるものが多いのです。)

肝心なことに答えていませんでした。
鉄銭は錆で良く分かりません。波が幅広ければイですけど千にも見えるような。
古寛永は通頭が薄く、称:鳥越銭(明暦駿河銭)高寛のようですね。
泉譜では鳥越=浅草になっていますが、実際は駿河国沓谷(くつのや)で鋳造されたことがほぼ確実のようです。古寛永は推定で鋳造地を当てはめていたのでこのような混乱が生じています。ただしくは駿河沓谷と改めるべきなんでしょうけど、沓谷とされたものは別にあり、鳥越の名称が定着してしまっています。

http://kosenmaru.sub.jp/kannei49.html



[1571] 珍しい?かなな品

投稿者: ゆず拓乃助 投稿日:2021年 4月29日(木)20時13分11秒 flh2-133-203-165-96.tky.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

こんばんは、お世話になっております。ちょいちょい現れては消えの繰り返しですいません‥
今日も珍しいような品が入りましたので見解を頂きたく投稿させて頂きます。

一枚目が鉄銭背イの狭波でしたっけ?また鉄銭で作りが悪いので、汚れかもしれませんがイの下にニの字が見えるような気がします。

二枚目に古寛永類だとおもいますが、寳の字の足が魚尾寳にみえたりします。書体も不思議ですし、赤色系の同色です。

中々私には古寛永は判断しづらいところもありますので、どうか皆まさの見解を聞かせて頂き参考にしてまいりたいです。
よろしくおねがいします。



[1570] TICC中止

投稿者: 天保仙人 投稿日:2021年 4月29日(木)04時03分59秒 p853003-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.1569[元記事へ]

    本日、貨幣商組合から『東京国際コイン・コンヴェンション(TICC)』中止の
   連絡が届きました。昨年に続き残念ですが仕方ありません。今までなら福岡のT君の
   上京もあり、会場で集合し近くのファミレスで勉強会を開いていましたが、T君が
   来れる筈も無く、今年も中止です。

     そこで我家にて勉強会を開催しようと思います。
   5月3~5日の三日間は自宅に居ます。とら氏・川崎のA氏・天保小僧君・モト君達
   来られる方は話合って日時を決めてお越し下さい。慌しく忙しい例会と違い
   ゆっくりと泉談・質問に所蔵品もお見せしましょう。

                    天保仙人




[1569] ありがとうございます

投稿者: ASK 投稿日:2021年 4月28日(水)05時11分20秒 p3124094-ipngn18801marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

浩泉丸様

なるほど内跳ならば、もっと内跳なのですね。
僕も鉄銭と古寛永通宝は、普段買わないので勉強不足でした。
他の鉄銭などを観るときにも役立てたいと思います。
有り難うございます。



[1568] ASK様へ

投稿者: 浩泉丸 投稿日:2021年 4月28日(水)01時21分42秒 p1588140-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

鉄銭はまったく良く分かっていない私なので、湧泉堂ことAさんから・・・
もう少し内跳部分が強くないと、内跳と「言えないのではという見解を頂戴しています。

参考意見ですがお伝えいたします。

http://kosenmaru.sub.jp/kannei49.html



[1567] 追加で…

投稿者: ASK 投稿日:2021年 4月26日(月)21時50分52秒 p3124094-ipngn18801marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

寛の字を大きくした写真を送らせて頂きます。



[1566] 鉄銭

投稿者: ASK 投稿日:2021年 4月26日(月)20時18分55秒 p3124094-ipngn18801marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

度々失礼致します。
先日川越へ行き、鉄銭を数枚買ってきました。
中にこんなものがありました。
浩泉丸様の赤錆の館に母銭のあった、石ノ巻銭の明和期 小字背千進貝寶内跳寛様かと、思います。
どうでしょうか。
真相を教えて頂けますでしょうか…宜しくお願い致します。



[1565] 続、高宕山

投稿者: 浩泉丸 投稿日:2021年 4月25日(日)00時45分16秒 p1588140-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

1・石舞台・・・と私が勝手に名付けた場所。観音堂から見えます。石切り場の跡でしょうか?行けるという人もいました。狭く見えますがかなり広い。柔道場ぐらいはあると思います。周囲の木々の高さから推定してもかなりの巨石。まるで木々の上に浮かんでいるみたいです。

2.尾根道。左右絶壁です。ちょっと怖い場所。この近くの登山道で滑落して亡くなった方が複数いるという話は聞いています。

3.尾根道に出た場所にある衝立岩・・・と私が勝手に名付けた岩。まるで石碑のように薄い岩が立っています。ここまで来るのが大変ですが、ここから先は(まだ大変ですけど)景色があってとても楽しいです。

なお、この近辺は野生サルの一大生息地。帰路の途中で一匹に会いました。
以上、古銭とは全く関係ない話でした。

http://kosenmaru.sub.jp/kannei49.html



[1564] 高宕山(続き)

投稿者: 浩泉丸 投稿日:2021年 4月25日(日)00時30分42秒 p1588140-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

高宕山山頂から400m先に観音堂があります。その2キロ先には石射太郎山山頂があります。観音堂に行くには山頂の岩に空けられたおひとり様用の穴をくぐり抜ける必要があります。観音堂は解放されていてお弁当スポット。はるか眼下には15メートル四方の石舞台があるけど行けるのかどうか不明。とにかくこの山は面白い。でも多くの人に来てほしくない場所です。

http://kosenmaru.sub.jp/kannei49.html



[1563] 高宕山

投稿者: 浩泉丸 投稿日:2021年 4月25日(日)00時18分16秒 p1588140-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

古銭とは関係のない話。
君津の高宕山に登りました。ここは鋸山(のこぎりやま)ほど有名ではありませんが、昔の石切り場の跡で結構険しく、あちこちに奇岩が残ります。山頂は狭く、隣の岩場から飛び移る感じでせいぜい二人しか乗れません。しかも、安全柵などは一切なく落ちたら一巻の終わり。そのかわり、房総最高の眺望が得られます。
この場所に来るのは15年ぶりぐらい。鋸山の地獄のぞきは全然怖くないもののここは本当に怖い。最初は立っていられましたが、すぐに背筋がぞくぞくして足に震えが来ました。

※山頂・・・せまいです。2つの岩がぽんとのっかっている。標識の1m先は垂直の絶壁。端に腰かけて足をぶらぶらさせる勇気は私にはもうありません。足を滑らすと50mぐらいは落ちることになりそう。この山では滑落して亡くなった方もいるそうですので・・・。

※梯子のかかった岩の方から山頂の標のある岩に乗り移ります。足を滑らして絶壁側に落ちたら多分生きて帰れませんので、これは命がけのアトラクション。柵、手すりなしというのもすごいですけど、写真で見るよりは簡単かな?

※鼻先に紅葉の大木をはやしたガマ岩。カブトムシのようにも見えます。目のように見えるのは根っこ。大自然が作り上げた天然記念物的アートです。大滝方面の登山道にある奇岩です。

http://kosenmaru.sub.jp/kannei49.html



[1562] ありがとうございます

投稿者: ASK 投稿日:2021年 4月20日(火)19時58分2秒 p3124094-ipngn18801marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

天保仙人 様 浩泉丸 様
有り難うございます。
なるほど…火中品でしたかさらに鐚銭…
火中品とは、気がつきませんでした。
これでまた、観察する際の視野が広がりそうです。
今後も色々な物をみて、目を鍛えたいと思います。
有り難うございました。



[1561] Re: 偽物?

投稿者: 天保仙人 投稿日:2021年 4月20日(火)01時38分15秒 p853003-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.1555[元記事へ]

     画像からの見解ですが、寳永通寳は火中品!治平元寳はビタ銭と思います。

                 天保仙人




[1560] 古墳

投稿者: 天保小僧 投稿日:2021年 4月19日(月)18時07分38秒 sp1-75-241-31.msb.spmode.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

浩泉丸様

丸墓山古墳から見た
稲荷山古墳です。

さきたま古墳群は開発され
公園になっていますが、
手入れのされていない隠れた名所を
探すのも面白いと思います。

子どもの頃には
歩いてすぐの場所に
小さな古墳がありました。
今は開発され住宅地に
なってしまいましたが…

古銭ではない話、
大変失礼しました。



[1559] ありがとうございます

投稿者: ASK 投稿日:2021年 4月19日(月)05時38分36秒 p3124094-ipngn18801marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

確かに進んで収集したくはないですね。
贋作の判断はそういったところでもできるのですね。
今後買うときも、しっかり見ていきたいです。
有り難うございました。



[1558] 偽物と古墳

投稿者: 浩泉丸 投稿日:2021年 4月18日(日)23時32分50秒 p1588140-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

ASK様

多分本物・・・ただ、状態が思いっきり悪いだけです。昔の(収集家用の)贋作は、情報がないか技術がないからへたくそなものになります。ただし、売りたいからにはそれなりの体裁はつくろいますし、目立つことはへっちゃら・・・むしろ歓迎している雰囲気さえあります。
流通を狙った贋作(いわゆる贋金)は、技術的なへたくそながら目立たないように頑張っていますし、へたくそなりに苦労と工夫の痕跡が見えます。
画像の品は「魅力がない」のです。収集したいと思わないでしょう?珍品なら少々状態が悪くても売れるかもしれませんがこのクラスを贋作する意味がないのです。

古墳と遺跡)
私の住んでいる千葉県は、関東地方で最も早く都の文化が流入した地です。日本武尊の伝説があちこちにありますし古墳も4世紀ごろからのものが各地にあります。数からすると千葉は全国有数の古墳だらけの地・・・なかでも市原市は上総の国府(関東の中心基地)があったので古墳が特に集中しています。ただ、保存が全くなっていません。
生家のあった市原市姉崎地区は姉崎古墳群と呼ばれるものがあり、100mクラスの前方後円墳が2基、その他にも大小合わせて古墳が30基ほどあったはずですが、いくつかを残し、ほぼすべてが失われています。(鉄道の盛り土にされたそうで・・・)
古地図では30m級の円墳、関東では珍しい方墳、前方後方墳なんてものまでありました。(前方後方墳は現存していますが森になっています。)
市役所のある国分寺地区はかつて東京の国分寺以上に勢力があり、推定64mの七重の塔がそびえていました。(こちらが本家だったはず。)
壬申の乱に敗れた大友側の皇族が山間の村(飯給)を伝い君津まで落ちのびたという伝承もあり、戦国時代に落ち延びた明智光秀の子孫の墓まであります。側室が明智の嫡男らしき男の子を連れて逃げてきたのまでは確からしいのですけど、文献が一切なく、その子孫も絶え桔梗紋と明智の銘の読める古い墓だけが残されています。(少なくとも側室が家臣を伴い逃げてきたのは確からしいのです。)

王賜銘鉄剣は国分寺の稲荷台古墳から発掘された金象嵌文字入りのもの。埼玉から出土した金象嵌の鉄剣は国宝指定、古墳の名前は稲荷山古墳・・・出土時期も古墳名もものすごく似ていますが扱いが全く違います。この古墳も削られて今は実物の半分以下のサイズの築山が残っているだけ。古墳群はほかにも今富古墳群、国分寺古墳群、菊間古墳群などたくさんありますが、荒れ放題です。今の市長は同級生なんですけどね。

貝塚や古代の古代の山城もたくさんあるのですけど、まったく保存されていません。藩庁だって小さいながら鶴巻藩、菊間藩、鶴舞藩がありました。(そのため立派な山門を持つ仏教文化が残されています。農家も立派な長屋門を持っている家がたくさんあり、これは川廻し文化とともに残すべき農業遺産です。)関ケ原直後には姉ヶ崎藩がありましたし(実は私の一族はそのときの藩主につながる可能性が大)、源頼朝の行軍伝説とか椎津合戦(戦国の合戦で里見系と北条系の戦い。北条系が負けて集団自害したらしい。)とか、五井戦争(戊辰戦争)など大きな戦いもあったのですが、地元の人間すら知らないのです。(妻の実家は佐幕派の姫君と家臣をかくまい、鉄砲や鎧、墓が残されています。)
今はゴルフ場数日本一の市で、工業製品出荷額は豊田市に次いで2番目なんです。でも誰も知らない・・・それが市原市。桐谷美玲も小島瑠璃子も市原市出身なのにプロフィールから消している、嗚呼・・・

最近は隠れた名所をGoogleに投稿して、地図上に表記されるよう頑張っています。浦白川のドンドンも一昨日、ついに登録されました!

http://kosenmaru.sub.jp/kannei49.html



[1557] Re: 古墳

投稿者: 天保小僧 投稿日:2021年 4月18日(日)23時04分15秒 sp1-75-245-136.msb.spmode.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

68式ヲヤジ様

コメントありがとうございます。

毎年山菜ネタの書き込み
楽しみにしています。
天ぷらと塩で食べたい!
といつも妄想しています。

ゴミ箱のポイ捨て、
人気のないところなら…
という考えが悲しいです。
ましてや人様のお墓の側に。

山菜のとれるような場所に
ごみがあっては悲しくなりますね。

何はともあれ、
自然の中に身を置くと
エネルギーが湧いてくるというか
癒される気がします。



[1556] Re: 古墳

投稿者: 68式ヲヤジ 投稿日:2021年 4月18日(日)21時00分5秒 p2877135-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.1553[元記事へ]

うららかな日和に春の息吹を感じるような画像です。ごみが捨てられるなんて残念ですね。
何度も山菜ネタで恐縮ですが私がワラビ採りする所は官地で、ごみがよく投げ捨てられているのでついでに拾います。ごみ袋に入れ路肩に置いて道路管理者に回収をお願いするのですが
毎年連絡しているにもかかわらず前もってごみが拾われていたことはありません。清掃業務は委託された民間業者が行うのですが、指示すらしない公務員はやはり生産性がないとしか言えませんね。



[1555] 偽物?

投稿者: ASK 投稿日:2021年 4月18日(日)20時55分6秒 p3124094-ipngn18801marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

久しぶりに失礼致します。
以前買った物で後々見返してみると、ん?と思う物がありました。
右は宝永通宝ですが、重さが手持ちの二十一波の寛永通宝とほぼ変わらなかったので不審に思いました。背は、永久世用です。
左は治平元宝ですが、ツルツルすぎて古くも感じなかったので不審に思いました。
この二枚は贋作の気がしました。実際はどうか教えていただければ、光栄です。
宜しくお願い致します。

宝永通宝 外怪 3.7cm 内径 2.7cm
治平元宝 外怪 2.3cm 内径 1.9cmです。



[1554] 長郭手覆輪銭

投稿者: とら 投稿日:2021年 4月18日(日)18時29分53秒 203-165-160-123.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用

三年も集めていると、壁に当たるというか、入手するペースがだいぶ落ちてきました。
世間は、未曽有の金余り、天保銭も、遅ればせながら、値上がりしてきているのでしょうか。
数十年も集めている方は、今の何倍もしていた時代も経験されているでしょうが。
50年以上前の、小学生の時代、切手や古銭は大ブームで、国道で、コーラのビンを拾ったり、食用ガエルや草餅用のヨモギ、屑鉄などを売って、一分銀や、円銀などを買った記憶があります。
中学校に入ると、部活や、勉強、遊びと忙しく、古銭や切手など忘れてしまいました。
一分銀など、あの頃の方が高かったのではないでしょうか。
数十年収集していた、焼き物や掛け軸などは、買う事のみが楽しみで、購入したら、2度と見もしないのが普通でしたが、古銭は、何度も見たり、比較したり、本当に楽しめます。
1・2年くらい前入手した覆輪銭3枚ほど掲載します。
1枚目は,49.0mm、32.8mm、40.8㎜、17.55g。サイズは、長径は本座銭なみですが、ふっくらした覆輪銭で、背面に文字がかかれています。
2枚目は、48.6mm、32.5mm、40.0mm、19.0g。銭文径が一度写しより小さくなっています。
3枚目は、48.6mm、31.6mm、40.0mm、17.97g。これも銭文径が小さく、張足寶小様あたりに入るのでしょうか?天上や寶下が膨らんでいます。花押の先端が容弱みたいに膨らんでいます。
こういったものが、ロット物の中に散見できた1・2年前が、懐かしく感じます。
特に、不知銭の人気が上昇し、入手が難しくなっているように感じます。



[1553] 古墳

投稿者: 天保小僧 投稿日:2021年 4月18日(日)14時00分50秒 sp1-75-246-219.msb.spmode.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

古銭には関係ありませんが…

県内にある
『白岩銚子塚古墳』
に行ってきました!

たくさんのごみが廃棄
されていたのが残念です。

手入れされている
古墳もいいですが、
そのままにされている
古墳も雰囲気があるなと。


昔は一体に無数の
古墳があったようですが、
今となっては数少ない先人の足跡です。



[1552] Re: 会津濶縁

投稿者: 関西のT 投稿日:2021年 4月16日(金)22時30分20秒 218.185.133.104.eo.eaccess.ne.jp  通報   返信・引用

お返事遅くなりすみません。

画像の吟味と週末の詳しい予定が本日まで分かりませんでしたので時間がかかってしまいました。

浩泉丸様
画像の濶縁、確かに色の変わった境界が分かります。
てっきり覆輪跡は条痕が残るものだけだと思っていましたが条痕なしでもこういった風に境界が分かるものなのですね。これは勉強になりました。
一方私の短貝寳も覆輪跡だろうと納得しつつあります。
汚れが酷くまだ“だろう“程度ですが...
やはり直接見てもらいたいです。
そして白味の色変わり濶縁、本当にあるんですね。
完全に見逃していました。
色々とありがとう御座いました。


天保仙人様
せっかくですので是非お話が聞きたいのですが、
今週日曜日の19時半~適当な時間帯までお話を聞かせていただけないでしょうか?
19時半の段階で一旦着信を入れます。後はお時間の都合がついたときで構いませんので折り返しいただけないでしょうか?
仙人様の考える濶縁と短貝寳の系譜やそれぞれの製作の違いなどお話を直接聞きたいです。
あれから拓図を見比べて濶縁輪足寳が短貝寳と濶縁の張り合わせ覆輪銭にしか見えなくなってしまいましたが、実際の所はどうか気になっています。

すみませんがよろしくお願い致します。

関西のT



[1551] Re: 会津濶縁

投稿者: 天保仙人 投稿日:2021年 4月16日(金)00時15分30秒 p853003-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.1549[元記事へ]

    浩泉丸氏へ
   貴殿の思っている事でほぼ正解です。後は歴的背景と制作なので、
  後日に機会が有ればお話ししましょう。


    関西のT氏へ
   八厘会の例会ではプログラムが多く、ゆっくりと個人相談は出来ません。
   我が家で行う2~3人の『ミニ勉強会』に来て頂ければ、所蔵品もお見せできますし、
   お話もできます。
     もし大阪にお住まいなら、まだ続いていると思いますが、大阪古泉会の松谷会長を
   訪ねるのも良いと思います。もう20年位は会っていませんが、私の一番弟子です。
   金・土・日の夜なら、大体自宅に居りますので、お電話をください。連絡を頂ければ
   折り返しに電話を致します、私は電話代が只なので(笑)

                         天保仙人



[1550] 正字離点文

投稿者: モト 投稿日:2021年 4月15日(木)18時51分6秒 NE3652lan1.rev.em-net.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

こんにちは。
正字縮文を求めて、正字の離点文を探しています。
ネットで正字縮文が高額で取引されているのを見ましたが、いまいち、どこからが縮文となるのかが分かりません。
流石に縮文はないと思いますが、変化の順番に並べてみました。
右端は通常の正字、その他は離点文です。
右からだんだん狭文になっていっています。
右から2つ目あたりは、明らかに正字本体の離点文です。
中央は、正字小文あたり?でしょうか。若干白銅で気に入っています。
1番左は、他と比べると、かなり狭文ですね。

縮文の特徴、狭文の具合など、教えていただけると嬉しいです。

追記:1番狭くなっているもののアップ写真を投稿しました



[1549] 会津濶縁

投稿者: 浩泉丸 投稿日:2021年 4月14日(水)23時28分18秒 p1588140-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

可能性ということです。会津短貝寶であっても覆輪に見える痕跡は貴重ですよね。
なお、私は多分に推論で書いておりますので・・・。
※画像の品はその現品画像。これは立派でした。今回の品と画像の品は相通ずる点がありますが、秒に異なるところもあると思います。それでも覆輪のような痕跡と金質・・・いいですね。(制作日記2019年3月26日の会津濶縁も参考してください。)

http://kosenmaru.sub.jp/kannei49.html



[1548] 会津濶縁離足寳と短貝寳の中間品?

投稿者: 関西のT 投稿日:2021年 4月14日(水)18時00分17秒 218.185.133.104.eo.eaccess.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

天保仙人様、浩泉丸様

問題の投げかけとそのヒントありがとうございます。

昨晩、仙人の投稿を見てから先ず再計測及び覆輪跡がないか、また別座の可能性はどうか、仕上げ異差、写しの可能性など細部を観察、そして手持ちの少ない資料を漁ってみました。
が、結果分かりませんでした。

短貝寳は長径は48mm代後半が多く、49mmを超えると少なくなり、49mm半ばあたりは大様にあたる。そんなイメージを持っています。
本品は長径49.15mmですので大きいものの、驚く程ではないということで当初から無視、銭文径40.60mmありますが、これも短貝寳の域を突出するようなものでもない為スルー。
次に短貝寳と濶縁離足寳及び小頭通には中間品がある事は把握していましたので例の瑕を再確認。勿論ありません。一方離足寳には瑕のない物もあるとは知っているものの、こちらの中間品は判別ポイントが分からないので飛ばしました。

結局浩泉丸様の過去記事を昨晩漁ったものの、納得出来る結論は出無いという事で、直接見てもらうか、週末に電話してみようか迷っていた所であります。
そして現在浩泉丸様のヒントを確認し、どうも当初から飛ばしていた中間体の可能性が高いと読み取れますが...
これ、覆輪跡ですか??

覆輪存跡はありませんし、地染めというか墨のような汚れが残っていることから輪の一部分にヤスリが当たらなかった事は分かりますが、正直全然納得出来ていません。
仙人様の“直接見て見ないと“という文言がやはり引っかかってなりませんので過度な期待はせずにですが、直接見てもらうのが確実との結論に至りました。

現在6月、もし不可能であれば7月の八厘会へ出る為、東京遠征の計画を立てています。
コロナの状況が状況ですし、数ヶ月先とはいえ大阪府民がそちらへいくのを嫌がる人もいるかと思われますので状況を見たうえで決行するか6月頭には決めるつもりです。
何より前々から見て頂きたいもの、聞きたい事など山程ある事、見たい品もありますので出向くのが一番。
ついでに電話しても構わないとおっしゃられても私の方の心の準備が出来ていません笑

もともと遠征は楽しみではあったので、更なる楽しみが増えたという事で一旦、保留にしておきたいと思います。
あとは直前に見たいもの、聞きたい事リストを事前に投稿するつもりですので回答及び展覧可能でしたら手配いただけないでしょうか?


まだ数ヶ月先のことでは御座いますがよろしくお願い致します。

関西のT



[1547] 会津濶縁・短貝寶

投稿者: 浩泉丸 投稿日:2021年 4月14日(水)16時34分0秒 p1588140-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

節穴の目の私がご指名を受けるとは思わなんだ。

第1ヒント:普通の短貝寶より大ぶりですよね。
第2ヒント:Tさんの投稿品の輪部分の拡大画像をよくご覧になってくださいな。
第3ヒント:2019年の春の貨幣誌にも登場します。ただし、見過ごされたのか扱いがひどくあっさりしていましたので、私はがっかりしました。
第4ヒント:2018年の11月22日の制作日記に登場しています。
仙人様はこれらのことが言いたいのだと思います。

おまけのヒント:それでもぴんと来なかったら制作日記の2019年の2月18日を見てください。
中間体ぽいですね。画像を見る限りこちらは短足寶に近いですけど覆輪痕跡が面白い。

http://kosenmaru.sub.jp/kannei49.html



[1546] Re: 画像投稿2品

投稿者: 天保仙人 投稿日:2021年 4月13日(火)22時52分52秒 p853003-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.1543[元記事へ]

     関西のT氏へ

  今回掲載された一番最初の画像の右側の天保銭ですが、多分貴殿は「短貝寳の銅質変わり」位にしか
  思ってはいませんか?原品を観ずに確定は出来ませんが、私が思う処!貴重な銭貨と思われます。

  誰が気付くか見ていましたが、誰も気付いていないのかな?そうだとしたら一寸ガッカリですね(笑)。

   もし知りたい場合は、浩泉丸氏に聞いて、直接に電話をください。

                      天保仙人



[1545] 偶然の産物

投稿者: 天保小僧 投稿日:2021年 4月13日(火)21時30分40秒 sp1-75-246-103.msb.spmode.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

偶然の産物、
鋳溜まり変化ですが…

寳字後ろ足が草点保の保字
のように跳ねています。

本座広郭草足寳と
あだ名をつけてみました。

拓にすると自然に馴染んだ
雰囲気になっています。

広郭銭は微細変化が多く飽きません。
次は本座広郭草点保を目指したいです。


レンタル掲示板
1516件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.