teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


大変だったんですね・・・

 投稿者:しっしぃ  投稿日:2008年11月 1日(土)00時44分50秒
  >まま
看病ご苦労様です。
自分も母親を「肝臓ガン」で何年か前になくしています
僕の場合は明け方に母親が亡くなってしまったので
死に目には残念ですが会えませんでした(涙)
最後の最後まで元気でしたが病状が急変して
苦しまずに言ったと言う事でした。
やはり、ママさんと同じで自分もあっは親の亡骸の
脇で泣くに泣けない状態で我慢して家族に
電話をしたのを覚えています。
とにかく元気を出して頑張って下さいね!

それと、碧ちゃん社会人ですか!!
おめでとうございます♪母親としては
複雑な気持ちだと思いますが
いつかは旅立つ日が来るので
仕方ないかな?とか僕は思います。
でも、僕も顔見知りと言う事で今思いだすと
まだ学生だった女の子がそんなに大きくなったのかぁ!
と驚いています(笑)
 
 

だる・・・・・

 投稿者:まま  投稿日:2008年 4月 9日(水)22時42分53秒
  みどりが社会人になっちゃたの・・・
手が掛からなかった(多分)娘だったけど
頑張ってきたよ
何が何でも・・・・・
 

発見w

 投稿者:えりりん  投稿日:2008年 3月 1日(土)13時43分54秒
  ここで書いていたのねw  

 投稿者:まま  投稿日:2008年 2月28日(木)15時42分58秒
  病気が解ったのが、去年の7月のこと、胃が痛くて色んな薬を飲んでも治らず。。精密検査をしたところすい臓がんと発覚、本人目の前で余命半年(当の本人は自覚なし)
大きな病院を紹介され検査入院→検査時癌が酷いことが発覚敗血症(胆管炎)を起こし瀕死状態
ICUにて数日意識なし(家族は悲しみに包まれた)奇跡か死を免れリハビリもこなし無事に帰宅、車の運転も出来るくらい元気に。。胆汁を対外に出すチューブを装着これが命綱 何時もの笑顔と底抜けの明るさで過ごすしかし抗がん剤を打つたびに熱・・何度と無く救命救急センター・ICUにお世話にいずれもリハビリ→自宅へ・・・クリスマスを一族で過ごす願いも叶い、お正月横浜プリンスへ食事会もこなす良く食べました。ここまで何時もの笑顔で元気でした。次の日から具合がよくない・・・数日後サイド入院、、何度と無く危機を乗り越え、何度も命を拾ってきた父、1月自分の誕生日には帰りたいと先生に駄々をコネル・・・珍しく・・・最後の帰宅と宣告され歩けもしない父が帰ってきました。物も食べられず。水も取れない、病院へ行き点滴をしてもらいほっとしたその夜、大きないびきをかきながら眠ってしまった父、実家の父の隣の部屋に泊まりこみ2週間目脳梗塞を起こし意識が無くなってしまったの・・・
私が会社へ行った後、母が父の様子を見て慌てました。胆汁を体の外に出しているチューブを無意識のうちに引き抜いていたのです。ICU→特別室に緊急入院1週間が峠とこの日から病院に泊り込む、幸い一日5万円もするスイートな病室家族中で集まっても余裕、父の声がしない寂しさだけ、でもいびきをかきながら。。手で反応してくれている話しかければ瞬きと手を握り返してくれる、、、そんな日が何日続いたのだろうか?うちの娘も交代で病室に泊り込む、ウイークデイは私が病室から出勤土日祝日は妹と娘弟が交代で・・・母は昼間担当。だんだん手も握ってくれなくなりいびきも静かになり微熱が出たり治ったりの状態が続いてました。今日、担当の先生から転院の指示がありました。最初に癌を発見し、病院を紹介してくださった先生の元に。。でも大部屋なので泊まることも出来ません。夜中にこそリ声を出して泣くことも出来ない(父の手を握りながら泣いている時だけ反応してくれていた・・・)優しい父のそばで眠ることももう出来ません。今出来ることは自分の体調を管理し母をいたわり、時間の許す限りそばに居てあげる事、その時が来る時に寂しい思いをさせたくないそれだけ・・・沢山沢山愛を父から授かったのに私は何も返してない、まだまだ娘で居たいのにまだまだ我侭言いたいのに聞いて欲しいのに おとうさん 時々苦しそうに息をする姿を見ていると もう頑張らなくてもいいよって声に出して言いそうになる。私がそばに居るときに安らかに逝ってくれればって思ってしまう。。。
たぶんそんなに遠くない時期にやってくる 家族それぞれが出来ることを精一杯やってきてるこれからだって大丈夫皆が崩れた時は私が皆を支えるから安心してねおとうさん

19日10:30大好きな父が亡くなりました。
子供たちに逢うまで 頑張って待っていてくれた父です。
家族全員で見送ることが出来ました。
通夜・葬儀とイベントは大変な行事でした。
感謝で悲しみを忘れてしまっていました。
忙しい中、やっと自宅に戻り月曜日からお仕事復帰します。
泣き虫な母と妹を実家に残し、
早いもので月曜日は初七日です。
遺骨がまだ実家にあるので
会社帰りにまだ父にあうことが出来ます。
最後まで父に見守られて頑張れたセレモニーでした。
支えてくださった全ての方に感謝です
まだ生きている気がしてならない・・・・
寂しさがまだ沸いてこない・・・
自分が一人。。。。。。
 

天国の記憶

 投稿者:まま  投稿日:2007年 7月22日(日)23時15分30秒
  虹が出ている 綺麗な所 から 戻ってきたんだ!!
と・・父
体中がだるいと漏らしていました。
命を返してくれた代償は多きいのでしょうか?
背中を摩ってくれと私に・・・背骨が掌に当たるのを確認しつつ、私の気持ちを掌に込めて
もういい。。というまでずっと摩っていようと。。
冷たかった父の腕が暖かくなった♪←妹が・・
そりゃそうでしょうwと私
私の全ての気を注いでいるのだから、全身暖まらないわけが無いw
気が付くと 父は寝息を立てていました。
それでもマッサージを続けていると、看護婦さんが痛み止めを飲ませにやって来た所で
私たちはカーテンの向こうへ追いやられました。
眠っていた父を起こし、薬を飲ませてくれる ICUのてきぱきとした看護士
彼女達から声がかかり再びカーテンを開けてもらった。
父は。。。背中気持ちよかった またお願いします。
私の仕事が決定しました。私の持っている 気 を父に注ぎ込む事
まだまだ安心できない状態の父
痛みも消えたわけじゃない
本当にお別れしなければいけない その時まで、
父は家族に心の準備をさせてくれる為に
戻ってきてくれたんだ、、だから私は私の出来る事をしようと思ってます。
癌や病気で命を失うのは悲しいことだけど その日まで父から注いでもらった愛を
ほんの少しでも返すことが出来るかしら?痛みの無い苦しまないように楽にその日を迎えさせてあげたい。
寂しい思いをさせないで見送ってあげたい
それだけ
 

15 分

 投稿者:mama  投稿日:2007年 7月21日(土)00時23分16秒
  インターホンのボタンを押して女性の声を待つ、
自動ドアの向こうの声が『どーぞ!』すーっと開いた扉の向こうは広々とした部屋。
正面の高い天井から長いカーテンが掛かる。
そこには、開いてるのか開いてないのか解らないくらい細い目をした父が居ます。
7月12日 居心地の良い個室だから私ここから会社へ行くね♪って冗談を交わすくらい
元気な人を入院させました。
膵臓癌です。肝臓に幾つも転移が見つかる末期でした。
手術が出来ないので、腫瘍が胆管を圧迫して詰まる前に胃カメラよりちょっと大きめなカメラを飲み
ステントと言う人口の管を広げる網を入れる予定でした。
結果、もう胆管は数ミリも開いてなく処置できずに 病室に戻ってきました。
13日の金曜日の事でした。その日から高熱と震えとが交互に襲う4日が過ぎ、連休が明ける火曜日に
緊急に肝臓に管を差しました。高熱の有る 弱りきった父の体に針が刺さり、
担当の先生も驚愕するほどの酷い短肝炎のど真ん中に管が入りました。
そのとき血管を傷つけたらしく、細菌が沢山入った液が血液に混じってしまい
敗血症の発作を起こしながら27日個室に戻ってきました。
戻ったわけでは無く、様子が悪いので看護士の傍の処置室に移す為だけに帰ってきたのです。
顔色は悪く全身チアノーゼを起こしていました。慌てた先生と看護士
おびただしい計器に繋がった点滴、時々警告音がする血圧脈拍酸素濃度計、
見ているうちに90以上あった血圧が薬の量を上げても減っていく、
鳴り止まぬ警告音たまらなくなった執刀医師はICUへ父を移すと・・・
輸液を大量に送る為に、体にメスを入れ直接血管に管を入れる処置、
色々な計器に父を繋ぐ処置を施した後、先生は私たちを呼んでくれました。
これから人工呼吸器を入れます。その前に面会してください。・・
泣き崩れる妹。おろおろするばかりの母。意識が薄れる中『心配するな。頑張るから』と父。。。
それから今日まで面会時間15分の短い間、眠らされた父に会うためだけに必死に通いました。
とんでもないことを言い出す母とノー天気な妹と落ち込んでる自分、
重たい気持ちを引きずりながら、
今日もインターホンの前に立ちました。
曇りガラスの中が何時と違って騒がしいのです。
妹達と母がどうやら入っている様子外には、甥っ子と弟が待ってました。
妹がドアの前に立ち、意識が戻ったよ!!の声を聞くか聞かないうちに
私は走っていました、父のベッドまで
そこには酸素マスクをした声を出している父が居ました。
 おとうさん!!って言いたかったけど声が出ませんでした。
ただただ手を掴み涙が止まらず傍に居ただけ。。
心配したよ。って言えただけでした。
かすれたか弱い声で『あの世まで行って来た、かえってきたよ!』と。。
冗談を無理に言っている何時もの父がそこに居ました。
嬉しくて嬉しくて涙が止まらず15分以上経ってしまってました。
父から時間を聞かれ8時と告げると『消灯時間だ!』と・・・
明日も話が出来る事を祈りつつどん底からたった戻った家族
こんなに帰り道が短かった日は無かった。
戻ってきた父
これからも大変だろうけど、みんなで頑張ろう と誓った
 

(無題)

 投稿者:まま  投稿日:2007年 6月11日(月)00時36分59秒
  a  

(無題)

 投稿者:まま  投稿日:2007年 5月15日(火)23時56分22秒
  あぁ~~~ねみゅ===いけどねみゅれない↓  

都築のお寿司

 投稿者:まま  投稿日:2007年 5月11日(金)23時01分36秒
  本日、残業もそこそこで上がれたので
初めて職場の仲間と都築のお寿司屋さんへ行きました。
カウンター越しに仲亀さんというメタボリック気味な、おにいちゃんが握ってくれましたよ♪
種にはちょっと煩い私に・・・まあまあな御寿司でしたw都築でお好みで頂いて
5千円也 高かったけどおいしかったからOK!! 満腹の後は新橋迄銀ブラww
高級店のウインドウを見て周り、派手な衣装の綺麗なお化粧をしたお姉さまとすれ違いながら・・・・
 

3D CAD 設計

 投稿者:まま  投稿日:2007年 5月 2日(水)00時49分27秒
  いよいよ正社員への道を歩き出しました、
この年齢でも、雇ってくださるところがあったんです。
長いこと頑張ってきたスキルが役に立ちました。
大きな会社で大きなものを作ってます
グーぐるアースでもきっと見えるw完成したら教えますねw
 

レンタル掲示板
/10